FC2ブログ

小諸&上田城址公園の紅葉

11月に小諸と上田の城址公園の紅葉を見に行きました。

紅葉まつりの小諸城址・懐古園には多くの観光客が訪れていました。
黒門橋の辺りは、緑から赤へと変わりゆくグラデーション▼
DSC0246211.jpg
藤村記念館の前には「紅葉ヶ丘」と刻まれた標柱があり、特に鮮やか!
DSC02412.jpg 
古城の面影を残す石垣が、紅葉を一層引き立てています▼
DSC02448.jpg 
園内にある神社に、小さな噴水の池があります▼
DSC02469.jpg  
底に沈んだ色とりどりの落ち葉の上を泳ぐ錦鯉▼
DSC02468.jpg 
湖面にも枯れ葉が浮かんでいます♪
DSC02479.jpg 
さらに、周囲の紅葉が反射して、水の上にも織る錦☆
DSC02477.jpg 
お堀跡に植えられた紅葉も見事でした▼
DSC02429.jpg 
小諸から国道18号線で上田に向かい、上田城跡公園に行きました▼
DSC02602.jpg 
イチョウの黄色い落ち葉の上を歩いて、櫓門をくぐりました。
DSC02596.jpg  
本丸跡で菊花展が行われていて、紅葉をバックに様々な菊が展示☆
DSC02588.jpg
大河ドラマ「真田丸」が放映された2016年は、観光客が押し寄せた
上田城ですが、今はゆっくり歩けます。
DSC02570.jpg 
本丸の紅葉が見事で、微妙に色が違い、イチョウとの綺麗なコラボレーション▼
DSC02599.jpg  
お堀跡のケヤキ並木は、色とりどりのトンネル▼
DSC02555.jpg 
スポンサーサイト

蓼科・大町の紅葉

今年も、「信州の紅葉」写真を撮りに出かけました。

まず、10月後半の奥蓼科温泉郷の横谷渓谷☆
メルヘン街道に入り、横谷観音展望台から眺めました▼
DSC01563.jpg 
横谷観音のお堂の先に、茅野市を見下ろす展望台があります。
上から眺めると、大滝の周りが色鮮やか▼
DSC0157811.jpg 
遊歩道を下って、滝壺近くまで行きました。
温泉成分で茶色い岩肌を、滑るように水が流れ落ちています▼
DSC0158811.jpg 
10月の終わりに、大町市の仁科三湖に行きました。
まず、一番北で、最大の青木湖▼
DSC01966.jpg 
天気が悪く、風でさざ波の立つ湖面でしたが、ちょうど見頃!
DSC01952.jpg 
湖の周りを一周して、木々の間から眺める青木湖も美しい♪
DSC01990.jpg 
油絵の具のような色合いが、湖面に反射していました。
DSC01992.jpg 
青木湖から南隣の中綱湖も一回り▼
DSC0202611.jpg 
こじんまりした湖で、釣り客が訪れていました。
さらに南の木崎湖にも寄りました▼
DSC02051.jpg 
ボートやカヌーといった、アウトドアの遊びが楽しめる湖です!
大町市の霊松寺にも行きました▼
DSC02109.jpg 
背後の山も色付いて、紅葉の中に埋まったような境内☆
DSC02071.jpg 
茅葺屋根の山門と、周りの紅葉が絵になります。
DSC02088.jpg 
イチョウの黄色と紅葉が、観音像を一層神々しくさせていました。
DSC0209811.jpg 

乗鞍岳登山<山頂の眺望

乗鞍岳の頂上を目指して登りました。
肩ノ小屋からは急な登山道になり、息が切れて度々一休み。
その都度、振り返ると登った分だけ北アルプスが姿を見せます▼
DSC013760.jpg
火口湖の向こうには、高山の町や岐阜方面の山が連なっています▼
DSC014020.jpg 
火山特有のザレた足場を進むと、山頂の鳥居が見えてきます▼
DSC01382.jpg 
険しい岩場を登って行くと、山頂直下に頂上小屋があります。
DSC013870.jpg 
小屋の脇に「頂上からの北アルプス展望図」がありました▲
振り返って、山の名前を確認☆
DSC01428.jpg 
尖った槍ケ岳の稜線左奥に白馬連邦、さらに左に野口五郎岳▲
DSC014309.jpg 
さらに左にいって立山、劔岳~奥大日岳、薬師岳▲
DSC014040.jpg 
頂上小屋の屋根を見下ろし、いよいよ剣ヶ峰山頂(3026m)!
DSC014010.jpg 
正面南側に御嶽山☆
DSC014110.jpg 
前回は霧で何も見えなかったですが、こんな近くに御嶽山があるとは!
DSC0142499.jpg 
東には八ヶ岳が見えました▲
DSC014000.jpg 
360度の大パノラマ!

乗鞍岳登山<畳平から肩ノ小屋

 10月の上旬、乗鞍岳の山頂・剣ヶ峰に登りました。

三本滝駐車場から畳平行きのシャトルバスに乗車☆
バスの窓から眺める、乗鞍エコーラインの紅葉がキレイでした▼
DSC01285.jpg
岐阜県側にある標高2702mの畳平バス停に到着▼
頂上を目指す前に富士見岳にも登りました。
DSC01294.jpg 
登って行くと眼下に畳平の鶴ケ池▼
北アルプスも頭をのぞかせています☆
DSC01310.jpg  
標高2818mの富士見岳に登頂!
雲の間から八ヶ岳方面の山も見えます▼
DSC01321.jpg 
お花畑の向こうに、岐阜の山並みが青く霞んでいます▼
DSC01311.jpg 
北隣の穂高連峰、上高地が見えました。
左手に槍ケ岳も尖がった頭を覗かせています▼
DSC01315.jpg 
舗装された道を進む途中、見下ろすと紅葉のタペストリー▼
DSC01317.jpg 
火山湖が水を湛えて、空の色を映しています。
DSC01336.jpg 
前回は山に登らず、紅葉を見ながら三本滝駐車場まで歩きました。
今回は、山の上から望遠で紅葉を撮影☆
DSC01460.jpg 
東側は幾重にも山ひだのグラデーション▼
DSC01343.jpg 
位ヶ原山荘の赤い屋根が見え、紅葉に囲まれています▼
DSC013295.jpg 
肩ノ小屋にたどり着き、剣ヶ峰山頂も見えてきました!
大雪渓は大分小さくなっています▼
DSC013492.jpg 
エコーライン沿いの鮮やかなコントラスト▼
DSC01458.jpg  
肩ノ小屋からは、急な登りになります。
登りながら振り返ると、摩利支天岳山頂にあるコロナ観測所が見えます。
DSC01358.jpg
写真を整理して、また登山報告をします♪

柿其渓谷の散策路

 木曽郡南木曽の柿其(かきぞれ)渓谷を歩きました。
国道19号線から柿其の林道に入り、「恋路の吊り橋」近くで駐車しました。
DSC00351906.jpg  
吊り橋を渡り、柿其川沿いの遊歩道を牛ヶ滝の方へ進みます。
DSC00362906.jpg
黒淵という美しい淵です!
DSC003768.jpg   
透き通るような水▲
DSC003788.jpg
水深や光の加減によって、様々なエメラルドグリーン☆
DSC003758.jpg   
光の反射で綺麗な模様をつくる水面▲
DSC003849.jpg  
崖沿いに作られた階段を上っていきます。
DSC003938.jpg
牛ヶ滝の展望台に出ました▼
DSC004198.jpg 
一旦、車に戻って、林道を直進すると車両通行止めになります。
そこから、歩いて渓谷に沿って進みました。
DSC004398.jpg 
舗装してない道を歩いていくと、林道の下に渓谷がみえます▲
  「ねじだる」という標識がある脇道を下ってみました。
DSC00440.jpg 
途中、ハナノキの巨木がそびえています▲
標識を頼りに道なき道を下ると、ねじだるにたどり着きました▼
DSC004558.jpg 
川が直角に折れて、激流が流れ落ちています!
DSC004668.jpg 
岩場は大変危険なため、近くに寄ろうとしても怖くて覗きこめません。
水の轟音は聞こえ、水しぶきが上がっていました。
DSC00461.jpg  
林道に戻り、先へ進むと霧ヶ滝の展望台があります▼
DSC004958.jpg 
さらに、その先に虹ヶ滝があります▼
DSC00508.jpg 
案内図を見ると、この先に「カモシカ帰り」や「雷の滝」など
いくつか見どころがあります。
DSC00516.jpg 

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-