養老坂と加助騒動<塩の道(17)

江戸時代、信州・松本平の住民は、生活に欠かせない塩や海産物を
日本海側から、千国街道経由で購入していました。

千国街道を行き来した庶者には
悲喜こもごもの人間ドラマがあった事でしょう。

江戸時代、加助騒動を起こして処刑された、多田加助もこの道を
通って安曇野から松本へ向かいました。

0901218.jpg 0111241.jpg   
千国街道は、安曇野から「熊倉の渡し」で舟に乗って犀川を渡り
養老坂を越えて松本に入る道筋でした。
熊倉の渡しから、現在の国道19号線沿いを南に進み
「泣坂」を登って行きます。

0021218.jpg
JR篠ノ井線の踏切手前に「多田加助夫婦惜別の岩」があります▲
近くには道祖神がたたずみ▼10月桜が咲いていました。
 0011228.jpg 0851221.jpg
貞享3年(1686年)11月16日、加助一族が騒動のかどで捕えられ、
加助と弟、12歳、3歳になる子供らが役人に引かれ、入牢に向かう
道すがら、妻お民との別れを、惜しんだ岩と伝えらています。

0121218.jpg 0151218.jpg
泣き坂を登りきると、松本トンネルへと続く国道に出ます。

ここから先の旧道は消滅していますが、歩いて行けそうな
それらしき藪の中を登ると、アルプス公園に向かう道になります▲
0741218.jpg
北アルプスが広がる大パノラマで、筑摩・安曇野が一望できます▲

貞享3年、松本藩では、年貢を納める際の籾(もみ)一俵を今までの3斗入れから
3斗5升入れに増徴するなどの厳しい命令がありました。
藩の年貢担当者が、村々を巡回するうち、安曇郡の中萱村の前庄屋・加助
が抗議をして、訴訟になりました。

0751218.jpg
松本平を展望する東屋のあたりに、養老坂の道標があります。

人や牛馬が踏みしめて、堀のようになった「ウトウ」と呼ばれる道が
ゆるやかなカーブを描く養老坂▼
0201218.jpg 
養老坂を登り切ると、松本市民にはお馴染みであるアルプス公園の
北端に出ます▼
老根田という縄文時代の遺跡が残る一帯を歩いていきます▼
0661218.jpg 0651218.jpg
加助らは、抜き差しならない事態に、一揆の力で出訴する事を決意。
一揆勢は、郡奉行に5か条の訴状を提出しました。
1万とも伝えられる百姓が、松本城を取り巻くように群衆したのです。

0621218.jpg
松本藩主・水野忠直は参勤交代のため不在で、城代家老は
百姓側からの訴訟内容をおおかた認めた回答書を手渡しました。
一方、江戸藩邸とも連絡を取って、藩主の裁可を得て年貢減免の
約束を反故にし、首謀者の逮捕を始めました。
 0261218.jpg 0551218.jpg
一般道に出た後、リンゴの果樹園を横切り▲こんどは急な坂を
下っていくと、松本盆地東側の山が見えてきます▼
0501218.jpg
騒動の首謀者と、その兄弟・子供が、ことごとく磔(8名)または
獄門(20名)という厳罰になりました。
加助の参謀格だった善兵衛の16歳になる娘おしゅんも
処刑されました。

0381218.jpg 0421218.jpg
近くにある海福寺に立ち寄りました▲
海福寺近くの平地は、戦国時代、越後の上杉謙信から武田信玄領だった
松本へ送られた義塩を一時、駐留させたところと言われます。
0451225.jpg 
下った所にある塩倉池▲の名前も、それに由来します。
千国街道沿いの町で、正月から2月にかけての風物詩「飴市」も
塩の初市が、飴も売るお祭りになっていったといわれます☆

0321218.jpg

スポンサーサイト

小布施の町歩き

小布施町は長野県で一番小さな町ですが、多くの観光客が訪れています。

秋の小布施の町歩きをしました。
まず、国道403号線沿いから、北斎館の方へ向かいました▼
074915.jpg 
江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎は、80歳を超えた頃
小布施にやって来て、数々の作品を残しています。


北斎館には小布施で描かれた肉筆画が展示されています▼
024915.jpg
以前、子供の夏休みの宿題に、社会科の教科書に載っている偉人を
調べて新聞を作るという課題があって、葛飾北斎を選びました。

資料集めに、この北斎館にやって来た思い出があります。
027918.jpg
北斎館の向かいにメタセコイヤの巨木が茂っていて、小道が
続く先に「髙井鴻山記念館」があります▼
鴻山は、北斎を小布施に招いた豪商でした。
067918.jpg 
鴻山は15歳から京都や江戸で遊学して、幅広い教養を身につけ
日本史を彩る数々の思想家や文人と交流しました。

髙井家の当主となってからも、幕末の変革に財力を使いました。
034918.jpg 032918.jpg
記念館には鴻山の書斎や、北斎のために作ったアトリエが残されています▲
鴻山の書斎は、からくり造りになっていて、幕末の面影を残しています。
029918.jpg 
周囲は、老舗の栗菓子店、酒造所が風情ある空間を作っています。

髙井家の流れをくむ作り酒屋や、江戸時代に創業の酒造所があります。
土蔵を生かした建物や、レンガの煙突など、歴史を感じさせる趣き☆
069918.jpg 061918.jpg
小布施の「新生病院」に向かう通りは、楓(かえで)通りと名付けられています。

その名前は、カエデが国旗に描かれているカナダと関係があるようです。
昭和初期、カナダ聖公会から派遣された宣教師から物語は始まります。
013923.jpg  
日本に派遣された宣教師が、『日本で結核が蔓延している』ことを報告すると、
聖公会は結核療養所の建設を決めて、カナダで募金活動をしました。

ところが、日本のあちこちで、療養所建設の反対にあって候補地が決まりません。
015942.jpg 
小布施には異文化を受け入れる気質があったこともあり、1932年(昭和7年)に
新生療養所が、カナダ人の善意によって建てられました。


礼拝堂の横には、初代所長のスタート博士の碑があり、左手にスタートハウスという
カナダ風の建物があります▼
002933.jpg 011933.jpg
カナダ人や全国からの患者さんとの交流など、小布施には古くから
おもてなし文化が養われている気がします。
秋が深まれば、礼拝堂の大きなカエデの葉っぱが、色づいていくでしょう。

京ヶ倉~生坂の風景

長野県生坂村に京ヶ倉(きょうがくら)という、標高990mの山があります。
展望スポットとして「面白い山」という評判を聞き、登ってみました。

ガイドブックに『生坂小学校に向かう村道の先に登山口がある』と書いてあります。

生坂小学校は通うのも大変な坂の途中にあり、さらに登って行くと、
「こや城」登山口に突き当たり、車を停めて山頂を目指しました。
006905.jpg 009905.jpg
樹林帯を探検気分で進んでいくと、ところどころ急勾配があります▲

山の中腹辺りで視界が開けて、「おおこば見晴し台」という案内表示が立っています。
眼下を犀川がUの字に蛇行して流れ、右下に生坂ダムが見え▼
その向こうの集落に中学校や役場があります。
015902.jpg 
中央の丘陵には日岐城址があったそうです▲
京ヶ倉も戦国時代、武田信玄との戦いに備えた のろし台があったとの事☆

この登山道は、武田氏滅亡後も古戦場になり、そんな史跡をさらに登りました。
017906.jpg 
北アルプスは雪渓がほとんど消えて、判別しにくいのですが、
蝶ヶ岳~常念岳~大天井岳~有明山が、雲の切れ間から見えました。

稜線に出て、松の木の枝ぶりを眺めつつ進むと「馬の背の道」があります▼
038902.jpg 
ナイフの刃のように切り立った尾根の岩で、松に隠れていますが左右絶壁!

ロープが渡されているのですが、いざ渡ろうとしても高所恐怖にとらわれます。
頂上が向こうに見えているのに、足を踏み出そうとすると
「ダメよ~ダメダメ」という日本エレキテル連合のフレーズがよぎりました。

055907.jpg 
馬の背西側の風景▲
引き返そうかと思いあぐねて、馬の背と言う位だからまたがって行けばどうだろう?
と、ヨチヨチ歩きでナイフリッジを越えました!

さらに、「トドの背岩」▼の巻き道を進んで、最後の岩塊をよじ登ると頂上です☆
043909.jpg 049907.jpg
「京ヶ倉990m」という標柱にたどり着き、この先は「大城」という峰に続いています。
頂上付近は松が岩塊に映えて、まるで日本庭園のよう♪

一休みして、眼下の壮大で厳かな景色を眺めました。 
056932.jpg
西の山波が地平から力強く伸びあがって、天を摩しています。
空の雲が動く度に、山々は居住まいを正し表情を変えます。

何百万年前かの昔の姿でそびえる山が、表現豊かに語りかけます。
039907.jpg  
蛇行する犀川は龍のようで、この地に残る龍神信仰を思い起こさせます。

目を北西へ移すと麓に湯の沢温泉があり、川は日本海へ向かいます。
幾重にも重なる山々の稜線は、濃緑から透明な空色へのグラデーション。
061907.jpg 
夏の終わりの山のたたずまいに魅入られながら、来た道を引き返すことにしました。
低山ですがバリエーションに富んだ、スリル満点登山でした。
北アルプスが銀色に輝き、名物のヒカゲツツジが咲く頃がベストシーズンでしょう。
070909.jpg
振り返って眺める山も、粛然とした神秘が宿っています。

真田の庄~猿飛岩<ドラマ真田丸

2016年のNHK大河ドラマが、戦国時代の武将・真田幸村の生涯を描く「真田丸」に決定!

幸村が生まれた真田家は、信州の小さな領主でした。
真田氏発祥の地で、幸村の父・昌幸が、上田城を築城する以前に居住していた館跡は
現在、御屋敷公園として整備され、つつじの名所になっています▼
017526.jpg 
居住跡には神社が建てられ、神聖な場所として保存されています。

幸村の祖父・幸隆が、この真田の庄に住みつき、真田を名乗るようになります。
幸隆は武田信玄に仕えて頭角を現し、めざましい戦功をたてました。
026527.jpg 029528.jpg 
信玄亡き後、武田氏は長篠の戦で、織田信長・徳川家康連合に敗れ、真田家の
長男・次男も戦死して3男の昌幸が家督を継ぎます。

昌幸は情勢に応じて次々と主君を変えるなど、巧みな外交戦術により領土を拡大!
016526.jpg 
真田軍は武具を赤く染めた「赤備え」で知られていますが、
お屋敷公園のツツジは、それに近い色合いの赤▲

公園の向かいにある「真田氏歴史館」にも立ち寄りました▼
012527.jpg
早くも2年後の「真田幸村 放映決定!!」の張り紙があります☆
歴史館内には、真田氏ゆかりの品々が展示されています。

江戸時代中期の小説「真田三代記」で、真田幸村がヒーローとして描かれました。
003527.jpg 005527.jpg
さらに、大正時代の立川文庫で「真田十勇士」が創作され、霧隠才蔵・猿飛佐助
といった忍者が人気を博しました。

歴史館の前に、真田家の兜をかぶり、真田十勇士などの木札を持って▲
記念撮影するコーナーがあります☆

お屋敷跡から北の山上にある「真田氏本城跡」も訪ねてみました▼
039528.jpg 
本城からは点在する城や、真田の庄を望むことができます。

マンガ「NARUTO」のように、忍者モノは今でも人気を集めています☆
果たして大河ドラマ「真田丸」に忍者は登場するのでしょうか‥

真田氏本城から、さらに奥の「角間渓谷」まで行ってみました▼
065605.jpg 063604.jpg
火山噴火による奇岩怪石が多く、真田氏の隠し湯がある温泉地。

渓谷の石段を登った所に、岩屋観音があります▼
民話には、「この洞窟に住んでいた毘邪王という巨魁を、坂上田村麻呂が
討伐して堂宇を建てて封じた
」という話が残っています。
058528.jpg
渓谷中の洞窟は、縄文期の住居跡だそうです。

切り立つ岩壁沿いの遊歩道を恐る恐る歩いて行くと、「猿飛岩」の表示があります。
真田十勇士の一人・猿飛佐助が技の習得に励んだと伝えられる岩」▼
044650.jpg 055650.jpg
二つの断崖が向き合っていて、この間をピョンピョンと飛びまわる忍法でしょうか。
足元が滑り落ちそうで、全身で恐怖感を覚えました!
「森林浴の森100選」に選ばれている渓谷です。
052527.jpg 
来年の大河ドラマ「花燃ゆ」は、井上真央さんがヒロインで、こちらも楽しみです♪
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-