松本城が傾いた伝説

2017年元旦、初詣をしてから松本城まで歩きました。

青空が広がる良い天気で、銀色に輝く北アルプスを望みつつ
お濠には白鳥、そして漆黒の天守閣は絵になります☆
CIMG1834.jpg
観光名所となっている松本城も、明治時代には荒廃して競売にかけられたり
大きく傾いた状態になっていました。
そして「松本城が傾いているのは加助の祟りだ」と、うわさされました。
CIMG1856.jpg 
加助というのは、江戸時代、松本藩で「貞享(じょうきょう)騒動」という
一揆を首謀した人物です。
1686年、過酷な年貢に苦しむ農民を救おうと、加助たち同志は騒動を起こしたのです。
松本城太鼓門の門松▼
CIMG1860.jpg 
時の藩主は水野忠直公で、参勤交代のため江戸詰で、出費が多くかかります。

近隣の藩の年貢は、一俵を米2斗5升挽きであるのに、
松本藩では3斗4升挽きを厳命したことが発端です。
CIMG1853.jpg CIMG1845.jpg 
松本城で見かけたウサギ▲
加助が生まれ育った安曇野市三郷中萱(みさと・なかがや)には、義民をたたえた
貞享義民記念館」建っています▼
045109.jpg 
貞享3年、多田加助を首領とする同志は10月、中萱の熊野神社に集まって
密議し、2斗5升挽きの要求等5ヶ条の訴状を持って郡奉行に訴え出ました。

記念館の奥に熊野神社があります▼
050110.jpg 
およそ1万人の農民たちが、これに加勢しようと松本城を取り囲みました。

家老たちは騒動が長引くことと、江戸への直訴を恐れ
籾納めを2斗5升挽きと聞き届ける旨の覚書を出しました。

貞享義民記念館内の様子▼
006110.jpg 004110.jpg 
農民たちは村々に引き上げ、騒動は静まった加のように思われました。

ところが藩では、村々に対し覚書を返上させ、江戸へは真相を隠して注進し
首謀者とその子弟を一斉に投獄しました。

中萱公民館の隣にある加助神社▼      旧加助宅には「2斗5升の碑」▼
041110.jpg  035140.jpg 
11月、28人の者が極刑となり、加助は磔の刑となりました。

加助が処刑された刑場は、かつて丸の内中学校の北にあり
現在は、義民塚と碑が建てられています▼
010110.jpg 022110.jpg 
はりつけにされた加助が松本城をにらむと、天守閣が西に傾いたと言います。
加助は「2斗5升!」と絶叫しつつ息絶えた、と伝えられています。
011110.jpg CIMG1848.jpg 

スポンサーサイト

常念坊の民話<常念岳登山(2)

 8月は夏山登山の季節ですが、北アルプス方面は厚い雲が垂れこめて
天候不順が続いています。

青空広がった日に、信州・安曇野のシンボル的な山である常念岳に登りました。
登って行くうちに霧が立ち込めてきて、稜線から見えるはずの槍ヶ岳・穂高連峰
雲の帽子をかぶって隠れていました▼
081834.jpg  
常念岳の名前の由来は、『常念坊という修験者が登った』など、色んな説があります。

『山麓にある満願寺で、常に念仏を唱えていた坊さんからとった』とか、
『昔話の八面大王が、坂上田村麻呂に退治されて、家来の常念坊が
この山に逃げて、雪形が常念坊の姿に現れた』といった言い伝えもあります。
101823.jpg   
登りつつ振り返ると、赤い屋根の常念小屋の向こうに横通岳がそびえています▲

もう一つ、安曇野の成相新田という町に伝わる、常念坊の民話をご紹介します。
‥昔々、年の暮れの市が開かれる頃になると、市の酒屋に酒を
買いに来るお坊さんがいました。

090823.jpg  
お坊さんは酒屋で5合入りの徳利(とっくり)に「酒を2升入れておくれ」と言いました。

酒屋さんが「入るはずがありません」と言っても聞きません。
仕方なく升で計って入れてみると、驚いたことに2升の酒が入ったのです!
100823.jpg 
その後も、お坊さんは時々あらわれて、お酒を買っていきました。
不思議なのは、その徳利には2升と言えば2升、5升と言えば5升の酒が入りました。

ある年に、お坊さんは酒代の代わりに松を2本差し出して、「神棚に飾れば
商売繁盛するでしょう」と言って姿を消しました。

山を下る頃、東の空が晴れてきて安曇野を見下ろすことができました▼
105823.jpg 
酒屋さんはその松を、正月のしめ飾りと一緒に神棚にかざりました。
すると、その年の暮も正月も、店は大繁盛しました。

市の人たちは、『お坊さんは何者だったのか』と噂話をしました。
「あれはきっと、山姥か、常念岳に住む常念坊だろう」ということになりました。
003824.jpg  
といのも、田植えの頃になると、常念岳の雪が解けて▲徳利を持ったお坊さんが
雪形になって見えるからです。
この辺りの家々では、正月になると神棚に松と徳利を置くようになりましたとさ‥

上の写真はフジの花が見頃の2014年5月9日撮影で、赤線で囲った部分が
常念坊の雪形です。
常念岳登山道で見かけた花々▼
054824.jpg 061824.jpg
この「常念坊」の話は、「山姥伝説」や「恵比寿様」の伝承と似た部分があります。

山姥(やまんば)は、山の奥に住むという老女の妖怪です。
もともとは、山姥が安曇野の年末の市にやって来て、支払った銭には福がある
という言い伝えがありました。
041825.jpg 046825.jpg
山姥が常念坊に変わったのは、それほど昔ではなく、山の風景を鑑賞する
ようになり、雪形が注目されるようになってからのようです。

松本市梓川にある梓水苑には、常念坊▼の木彫りがあります☆
004854.jpg 016854.jpg    
田んぼの稲が実り始めた安曇野から、「あの3角の上に登ったんだなあ」と▲
常念岳をしみじみ眺めました。

独鈷山登山~小泉小太郎(2)

長野県では7月第4日曜日を「信州山の日」に制定し、今年は7月27日!

梅雨明け前の7月中旬、信州上田市の独鈷山に登りました。
独鈷山への登山口は3ケ所ありますが、今回は三才山有料道路沿いの
宮沢登山コースに挑戦しました。
御屋敷沢という沢に沿って登るコースです▼
023721.jpg 
原生林で日差しは遮られていますが、湿度が高く汗が吹き出します☆
ちゃんとした登山道や表示があるわけでは無く、迷いつつ沢沿いを歩きました。

干支の祠が目印になっていて、干支の順に登って行きます▼
この山の向こうは、田園が広がる塩田平☆
027721.jpg 
塩田平に伝わる「小泉小太郎」の民話について前回書きました。

そのあらすじは‥「密教の和尚さんと、水の神である竜の間に生まれた小太郎が
育ての親のお婆さんの死をきっかけに改心して、立派な村をつくりました


この和尚さんは「安念坊」という実在した密教の修験者で、民話の作者
であるという伝承があります。
安念坊は民話の通り独鈷山頂に庵を作り、中禅寺を開山しました。028721.jpg
鎌倉幕府の御家人「泉小二郎親衡」の腹心だった安念坊は、親衡のご先祖様を
伝説化して「小泉小太郎」の物語を作ったのかもしれません。

親衡は源頼朝亡き後、実権を横取りした北条氏を討伐しようとした人物です。
幕府によって捕えられた安念坊は、計画を自供してしまい、
容疑者の親衡は行方をくらましました。
051721.jpg 
北条氏打倒の「和田合戦」は敗れ、泉氏の領地は北条義時に没収され
以後130年に渡って塩田平は鎌倉文化の影響を受けました。


親衡の逃亡先は、山の向こうの松本市・中山であった可能性が強いのです。
1時間半かかって独鈷山山頂着▼
049743.jpg 035743.jpg
松本市の中山・和泉には泉親衡にまつわる伝承が残っています。
中山の地で身を隠し余生を過ごしたのかもしれません。

親衡は再起を図って、武勇伝や先祖の説話を言いふらしたことでしょう。
独鈷山から眺める塩田平▼
037741.jpg 
松本平では「諏訪大明神が変身した犀竜がこの地を開いた」と、古くから
瞽女(ごぜ)の口によって語られていました。

親衡は塩田平の先祖の話を松本に置き換えて、「日光泉小太郎」の物語を
新たに作ったとも考えられます。
044721.jpg

小泉小太郎~塩田平の民話(1)

信州の昔話「小泉小太郎」をめぐって、上田盆地の塩田平を歩きました。

以前に取り上げた、松本盆地に伝わる「泉小太郎」の元となったお話の一つです。
独鈷山(とっこさん)周辺が伝説の舞台▼
113704.jpg 
何通りかある「小泉小太郎」伝説の一つを記しましょう。

昔むかし独鈷山の頂に古い山寺がありました。
山寺の和尚さんの所へ、夜な夜な若くて美しい女の人が
通って来るようになりました。
105704.jpg
塩田平は「信州の鎌倉」と呼ばれ、鎌倉街道には「あじさいの小道」があります▲

どこから来るのか不思議に思った和尚さんは、ある夜、女の着物の裾に
糸の付いた針を刺しておきました。
翌朝、糸を探って行くと、産川(さんがわ)の上流にある洞穴まで続いていました!
095704.jpg 
洞穴を覗きこむと、大きな竜が、お産をしようと苦しんでいる最中でした。

竜は和尚さんに気付き、自分の身を恥じて暴風雨を巻き起こし
姿を消してしましました。
赤ん坊が産まれた川は、産川と呼ばれています▼
112704.jpg 
川を流された赤ん坊は、小泉村の老婆に拾われました。
お婆さんは小太郎(しょうたろう)と名付けて、わが子のように育てました。

15歳になった小太郎は、力自慢の若者として知られるようになりました。
ところが、大飯食らいのナマケモノで、ぐうたらな毎日を送っていました。

独鈷山麓にある真言宗・前山寺の本堂▼
087704.jpg  
困ったお婆さんは「毎日ゴロゴロしていないで、仕事を手伝え」と言いました。
すると小太郎は薪取りに出かけ、山にある限りの萩の木を蔓で一束に
たばねて持ちかえって来ました。

小太郎は「山じゅうの萩の木だから、結びを解かないで、一本ずつ抜いて
火にくべろ」とお婆さんに注意しました。
084705.jpg  
前山寺・三重塔とイチョウの木▲
ところが、お婆さんは一本ずつ取るのが面倒になり、束をほどいてしまいました。
すると、萩は家いっぱいに広がり、お婆さんは下敷きになって死んでしまいました。

家に帰った小太郎は悲しんで、改心して人のために働くようになりました。
 100705.jpg
塩田平は溜池による灌漑で、水田が発達しました▲

別の伝承によると、この後小太郎は、母の竜を探し、大きな池で再会します。
母の竜神は、我が子の成長を喜び、池を美田に変えようと、小太郎を
背に乗せて周りの岩山に体当たりして、大地を作り上げました‥
101704.jpg  
そして、鎌倉の公方様(源頼実)は、竜神を村の守り神としてお祭りし
小太郎を重臣にとりたてました。
‥という、実在した「泉親衡(ちかひら)」という武将が、泉小太郎と同一視された
昔話も残っています。
107704.jpg 
独鈷山の麓にある中禅寺▲

万水川の河童(2)<碌山美術館

民話「万水川(よろずいがわ)の河童」について、新宿・中村屋の創業者夫人の
相馬良(ペンネーム黒光)女史が書き記しています。

黒光夫人は、著作「穂高高原」で、明治30年に相馬家へ嫁入りしてから4年間の
信州・安曇野での暮らしを回想しています。


3月下旬に、新郎の相馬愛蔵に連れられて、穂高に嫁いで来る下る道すがら、
相馬家に代々伝わる接骨術の話を聞きます。
016404.jpg 
いつ、どのように医術を得たか記録は無いものの、村では
カッパから教わって骨接ぎ術と、薬の製法を得た」という言い伝えがあります。

そして、万水川に架かる白金橋の西(上の写真左手)の森にカッパを祀る
祠があり、現在は厳島神社となっています▼
046404.jpg 
相馬家では家長は代々「安兵衛」を襲名し、現在に至りますが
すでに骨接ぎは行っていません。
湧水池に囲まれた中に祠があり、ご神体の石が祀られています▼
048404.jpg 059404.jpg
黒光(旧姓「星良」)は、仙台藩士の娘として生まれ、明治維新後の士族没落により
困窮するなか、キリスト教の洗礼を受けます。

仙台の宣教師の女学校では飽き足らず、横浜のフェリス和英女学校・
明治女学校で学びます。
女学生時代の黒光は、明治時代の文化を彩る1人でした。
002405.jpg 
しかし、黒光が書いた小説まがいが新聞の三面記事に載るスキャンダルになったり、
従姉と国木田独歩との離婚騒動に巻き込まれたりして、都会で傷つきます。

そんな頃、仙台の頃から世話になっていた牧師から、信州穂高のクリスチャンを
紹介され、卒業後の結婚が決まりました。
006408.jpg
結局、黒光は農村生活になじめずに夫と共に離郷し、東京に永住することになります。
でも、穂高の地に与えた感化は大きく、その一つに彫刻家・荻原碌山がいます。

碌山(本名「守衛」)は、15歳で相馬愛蔵が作った「禁酒会」に入った、
プロテスタントのメンバーでした。  碌山美術館▼
015408.jpg 
18歳の時、愛蔵に嫁いだ黒光が持参した油絵や雑誌に啓発されます。

22歳で碌山は、ニューヨークの美術学校に学び、その後フランスへ渡り
ロダンの彫刻に衝撃を受け、彫刻へ転向☆
019408.jpg  
一方、黒光は上京後、本郷で始めたパン屋が軌道に乗り、32歳で新宿に支店を出します。

その翌年、碌山が帰国し、西新宿にアトリエを建て、新宿中村屋は文化サロンの
様相を呈するようになります。

碌山は、黒光に寄せる恋心が募り、黒光をイメージした「女」▼を完成したものの
翌月、新宿中村屋にて吐血し永眠‥享年30歳。
004408.jpg 013408.jpg
黒光は著作「穂高高原」で、「人生は短く芸術はながし」と書いています。
碌山の作品は、没後百年以上たった今も碌山美術館に展示されています。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-