海野宿<北国街道

中山道は、江戸日本橋から山岳地帯を進んで、京都まで続く街道でした。

途中の追分宿から分かれて、善光寺を通り新潟県高田までを結ぶ
北国往還と呼ばれる街道もありました。

その北国街道の宿場町だった上田市は、昨年の大河ドラマ「真田丸」 の
効果で、多くの観光客が訪れました。
010423.jpg 
北国街道に沿うように流れる千曲川の桜が満開でした▲

上田の手前にある海野宿には、江戸時代の宿場町の面影が残ります☆
「日本の道百選」に選定された、海野宿を歩きました▼
019422.jpg 
いつも上田に行く途中、通り過ぎてしまって、今回初めて取り上げます!

この地で、古代から栄えた海野宗家は、武田氏の侵攻で絶えてしまい、
その名跡を「真田丸」の真田氏が継承したのです。

013423.jpg
この街道は大名の参勤交代、佐渡金山の輸送、善光寺参拝の
善光寺街道として賑わいました。
海野宿・本陣跡の長屋門▼
039423.jpg 
加賀前田藩や越後高田藩などが、この本陣を利用したそうです。

宿場時代の建物の多くは旅籠屋(はたごや)造りで、
出格子(こうし)が、今もよく残されています▼
041423.jpg  
「うだつが上がる」という言葉の語源となった「卯建」が見られます▼

1階の屋根の上に、張り出して付けた袖壁です。
富の蓄積や、家格の高さを示す意味もあったようです。
014424.jpg 
せっかくなので、海野宿資料館▼にも入ってみました。
1790年頃建てられた旅籠の建物で、往時をしのぶ資料が保管されています。
046433.jpg 071433.jpg
明治時代になって、宿場制度がなくなると、蚕の卵を商品とする
蚕種製造が主力産業となりました。

千曲川の風通しの良さが、健康な蚕の産地に適していたのです。
066433.jpg 064433.jpg 
資料館に入ると、土蔵や物置に蚕業に使われた道具や農機具が
残され、養蚕農家の様子がわかります。              
067433.jpg 
養蚕業によって海野宿は潤い、立派な蚕室や鯱瓦のうだつを
のせる屋敷が軒を連ねるようになったのです。
蚕で「うだつがあがった」わけです!
056423.jpg 
伝統的建物以外にも、なつかしの玩具展示館や、蕎麦屋、雑貨店
などもあって、楽しめます☆
038433.jpg 026433.jpg  

スポンサーサイト

小諸・懐古園@ゴールデンウイーク

風薫る5月、信州は青葉の鮮やかな季節になりました。
 
小諸・懐古園の桜を見たいと思いつつも、見頃には間に合わず
ゴールデンウイーク中に行くことができました。

懐古園は、かつての小諸城址に神社を祀った公園になっています。
028504.jpg 
入口でもらったパンフレットには「島崎藤村ロマンただよう信濃の名城
『日本100名城』『桜名所100選』に認定」と書かれています。


園内には「藤村記念館」があり、藤村が小諸で7年間過ごした頃などの
資料が展示されています▼
014505.jpg 050505.jpg
島崎藤村の年譜を見ると、明治5年(1872年)、岐阜県中津川・馬籠に誕生。
10歳の頃上京して、銀座の小学校に入学。
16歳でミッションスクールの明治学院に通い、近くの教会牧師・木村熊二
より洗礼を受けます。
056504.jpg 
木村熊二の紹介で、20歳の藤村は千代田区にあった明治女学校教師になります。
その女学校で藤村は、許嫁がいる教え子に恋をして、失恋‥

その頃の教え子に、新宿・中村屋の創業者である相馬良がいて、藤村の印象を
「燃え殻のようで、ちっとも面白くなかった」と書いています。

010504.jpg 
その後、親友の北村透谷の自殺、恋した教え子の病死などがあり、
25歳で失意の中、東北学院の教師として仙台に赴任します。
その頃から、「若菜集」などになる詩を書き始めています。
062506.jpg 
そして28歳の時、木村熊二が創設した小諸義塾に招かれます。
小諸の地で藤村は結婚し、詩作よりも「千曲川のスケッチ」のような
散文へと転向していきます。
藤村が教鞭をとった小諸義塾は、記念館として保存されています▼
059506.jpg 025506.jpg 
懐古園は、春には桜と苔むした石垣が美しく、秋には紅葉が色鮮やかに染まり
四季おりおりの美しい表情をみせてくれます。


そして、その名称の通り、幼いころの郷愁に誘われるような児童遊園地や▼
動物園が隣接しています☆
066707.jpg 03554.jpg
ゴールデンウイーク中とあって、子供連れの家族で賑わっていました♪
小諸動物園にいたっては、大正時代の創立なので、何世代にも渡って
入園している家もあることでしょう。
03354.jpg 038507.jpg
インドクジャクの前を通ったら、バーッと風が起こり、羽を広げていました!
つれない表情の雌に、懸命のアピール▼
044544.jpg 
懐古園内に戻って 富士見台からの景色を眺めたり、天守台の上に登ったり
本丸跡にある神社を参拝しました。
神社横には池があり、見事な錦鯉が泳いでいます▼
016504.jpg 
色とりどりのコイの上を、桜の花筏が浮かぶ様は艶やか☆

帰り道、丸子町辺りの川の上で、鯉のぼりが泳いでいました。
信州では、月遅れの6月5日に端午の節句を行う地域が多いので
それまで鯉のぼりが飾られています。

067554.jpg 

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

秋の味覚と松本盆地の眺望

みのりの秋☆
信州の農作物も、収穫の時期を迎えました。

松本平のサラダ街道沿いも、秋の味覚がたわわに実っています。
三郷~梓川地区では、リンゴの栽培が盛んで、いよいよ食べごろ▼
038930.jpg 
栗畑の栗も、イガから顔をのぞかせています。
そば畑では、白い花から実になり始めて、新ソバの季節‥ソバの花とトンボ
021931.jpg 050931.jpg 
サラダ街道を南に進み、塩尻市の平出遺跡まで行ってみました。

平出遺跡は、縄文時代から平安時代にかけての遺跡があり、復元住居の
ある遺跡公園になっています。             
066931.jpg  
縄文人にとっても、秋は書入れ時だった事でしょう☆ 
071931.jpg
周囲にはブドウ畑が多く、フルーティーな香りが漂うスポット‥  
054930.jpg  
朝から晴れ渡った休日、松本平を見晴らせる長峰山に向かいました。
雲や霞で、山並みが隠れてしまう日がほとんどですが、奇跡的な青空でした▼ 
017930.jpg 
空に「安曇野」と文字を入れたくなるような、どこまでも澄み切った青さ!
稲刈りが大分すすんで、黄金色から土色に変わりゆく田んぼが見えます。
012930.jpg 
里に下って、三角形の常念岳を背景にした風景写真を撮りました。 
031932.jpg 039932.jpg
金色に波打つ稲穂が刈られて、竿で日干しにする「はざかけ」も見られました▲  
    
農業用水路沿いの自転車道を歩いていると、踏み切りの音が聞こえてきました。
026930.jpg 
2両編成の大糸線電車が来るのを、しばし待って撮った一枚▲

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

鹿教湯温泉から国宝「大法寺三重塔」へ

信州の鹿教湯(かけゆ)温泉に寄ってから、青木村の大法寺までドライブしました。
 
鹿教湯は松本市から上田市に向かって、三才山トンネルを過ぎた場所にあります。
鹿に化身した文殊菩薩が、信心深い猟師に湯のありかを教えたという伝説の温泉です。
0041022.jpg 
今年は10月に入っても、暖かいので紅葉はこれからのお楽しみ♪
五台橋という屋根付きの橋▼周辺も、だんだんと赤く色づいていきます。
0031023.jpg 0021023.jpg
橋を渡って石段を登ると、薬師堂▼があります。
屋根が緑に苔むしていて、病気平癒の神様である薬師如来が安置されています。
0071022.jpg 011022.jpg
そして、薬師堂の左手を進むと県宝の文殊堂▼が見えてきました。
行基が掘った文殊菩薩像を、ここに弟子が安置したそうです。
0131022.jpg 
鹿教湯の温泉街から12号線という峠道を通って、小県郡青木村に向かいました。

目的地は大法寺で、国宝の三重塔があります。
参道を歩いて行くと、観音堂があり▼中の、厨子・須弥壇・菩薩像は重要文化財☆
0201022.jpg 0351024.jpg 
観音堂の左手を登った場所に、国宝大宝寺三重塔があります。
奈良の興福寺のように初重が大きく、珍しいとのこと‥
0251022.jpg 
この塔は1333年、鎌倉時代から南北朝時代に造営されました。
坂を登って廻り込んで塔を見ると、風景に溶け込むようにたたずんでいます☆
0311022.jpg 
一回りして、振り返りつつ三重塔を後にしました。
0341034.jpg  
塔の姿があまりにも美しいので、「見返りの塔」とも呼ばれています。

          あずさ堂小林       

  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←




テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

横谷渓谷の大滝と紅葉

長野県茅野市の蓼科高原一帯は、美しい紅葉スポットです。

メルヘン街道と名付けられた299号線をドライブして、横谷渓谷に行きました。
山道を登って、茅野市を見下ろす風景▼は仙郷のよう☆
DSC09420.jpg
 
横谷観音というバス停付近の駐車場から、遊歩道を歩きました。
展望台という地点からは▼艶やかに織りなす錦のような木々と大滝が見降ろせます!
DSC09423.jpg 
渋川の渓流沿いの遊歩道を歩くのですが、かなり急な坂を上り下りするので登山気分。
しかも、距離があるので戻りの体力も考えて進みました。
DSC09428.jpg 
案内図でいうと▲まず、左の横谷温泉方面に向かって歩きました。
奥蓼科温泉郷を流れる川なので、温泉成分の影響で岩が赤茶色に染まっています。
DSC09446.jpg DSC09453.jpg
一枚岩▼は、数十メートルに渡って1枚の岩盤で、滑るような流れ♪
鷲岩を見上げると、彫刻刀で削ったような奇岩の渓谷美▼
DSC09431.jpg DSC09436.jpg
霧降りの滝▼は細かい飛沫が霧のようで、マイナスイオンいっぱい★
紅葉の華やかさは少ないものの、ダイナミックな野趣が魅力です。
DSC09440.jpg DSC09441.jpg
道を引き返して、大滝の展望台に行きました。
間近で見ることはできませんが、紅葉に包まれた滝の構図▼
DSC09422.jpg 
駐車場にもどるのに息切れしつつ、紅葉を堪能しました。

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-