塩沢湖~白糸の滝<軽井沢のジョン・レノン(2)

避暑地で知られる軽井沢は、観光シーズンを迎えています。

軽井沢はショッピングやグルメ、おしゃれな宿泊施設など、色々な楽しみがあります。
また、文化の薫りが高く、別荘地には文化人や著名人が訪れています。

前回に続き、ジョンレノンゆかりの場所というテーマで軽井沢を紹介します。
その昔、宣教師たちがHappy Valley(幸福の谷)と名付けた場所に▼
妻・洋子さんの小野家の別荘がありました。
010723.jpg 
ジョン一家は夏の保養地として、軽井沢の別荘と、近くの万平ホテルに滞在しました。
息子のショーンを自転車に乗せ、サイクリングをして塩沢湖にも出かけたそうです▼
091716.jpg 
塩沢湖に行く途中にある喫茶店の「離山房」も、ジョンが訪れた店として知られています。
ブルーベリージュースがお気に入りだったと、インタビュー記事に書かれています。
087716.jpg 
そして、奥にある東屋でくつろぐのが楽しみだったそうです▼
親子3人水入らずで、憩いのひと時だったことでしょう☆
080716.jpg 
ジョン一家は、前回紹介した「見晴し台」の他、軽井沢の名所にも出かけています。
白糸の滝▼や、「鬼押し出し」という浅間山の溶岩奇勝まで足を延ばしています。
DSC069716.jpg
旧軽井沢では当時、ジョンが買い物をする姿が見かけられています。
フランスベーカリー▼というパン屋さんに、フランスパンを買いに来ました。
044716.jpg 079716.jpg
旧軽銀座の奥には、ショーン君が通ったこともある軽井沢幼稚園があります▲
幼稚園にほど近い小林酒店も、ジョンが買い物に来た店。

7月、ショッピングモールの「チャーチ・ストリート」に、ビートルズゆかりの品が展示された
アビーロードカフェがオープン!

店内には「Let it be」などのレコーディングに使用されたピアノ▼
013716.jpg 
 軽井沢はジョンレノンが生まれ育ったリバプールのウールトン地区にある森や、
孤児院施設があったストロベリーフィールズの風景に似ているそうです。
070716.jpg 
最近は、ももいろクローバーZなどを聴いていますが、また、ビートルズも聴きたくなりました。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

軽井沢のジョンレノン(1)<見晴台から

梅雨明けした途端、一気に猛暑となりました。

これだけ蒸し暑いと、避暑地に行きたくなります。
避暑地の信州・軽井沢には、ジョンレノンがお気に入りだった場所があります。 

1975年にショーンが誕生し、ジョンは音楽活動を休止。
妻の洋子さんの、小野家の別荘があったこともあって、1977年から1979年まで、
夏になると1ヶ月位軽井沢に滞在しました。

ジョン一家は、軽井沢の名所にも出かけていたそうで、見晴台周辺はお気に入りスポット▼
040710.jpg 
70年代後半、ロック少年だった私が、よく聴いていたFMラジオ番組「渋谷陽一 の
ヤングジョッキー」で「ジョンレノンは音沙汰無いが、どうしているか?」という話題がでました。
「今、日本にいるらしいよ」と、話していた記憶があります。
029710.jpg 
1980年(昭和55年)には新作のレコーディングのため、
軽井沢に来ることができず、「ダブルファンタジー」を完成させました!
見晴台から眺める浅間山▼
031712.jpg 
Starting Overしたのも柄の間、その年の12月、ジョンは銃弾に倒れ、再び軽井沢
の地を訪れることはできませんでした‥
生前、ジョンは見晴台に近い「熊野皇大神社」にも、お参りしています。
010712.jpg 013712.jpg
熊野神社は長野・群馬県境にあり、賽銭箱が2つあります。
ジョンは左側の長野県側で参拝したそうです☆025712.jpg 
樹齢800年といわれる御神木の「シナノキ」があり、パワースポット▼
洋子さんの別荘があった桜の沢地区から、一家で遠足に来て
憩いの時を過ごしたことでしょう。
015712.jpg 
別荘では何かと不便なので、ジョン一家が定宿としていたのが万平ホテル
入口の左手にあるカフェテラスのロイヤルミルクティーは
ジョンが注文してメニューに加わったそうです。
058712.jpg 
一家は万平ホテルに近い、幸福の谷にある別荘を拠点に滞在しました。
幸福の谷の迷路のような小径は、浅間石の石畳に苔むす石垣▼

バンドを始めた理由を聞かれて「ロックンロールだけが本物で、
あとはすべてウソっぱちだった。」というジョン・レノン語録があります。
009754.jpg
ジョンの音楽は、その言葉の通り本物を追求した、彼にしか書けないような曲ばかり♪
ケレン味がないのにポップな”Woman”や、息子をいとおしむ”Beautiful boy”等など‥
007754.jpg
ファンとしては、ハッピーバレイで書かれるジョンの曲をもっと聴きたかったです。

軽井沢・矢ヶ崎公園のクリスマス物語

街にクリスマス・ソングが流れ、イルミネーションが輝く季節‥
クリスマス・ムードの信州・軽井沢を歩きました。

まず、「軽井沢・冬物語」というイルミネーション・イベント開催中の矢ヶ崎公園▼
0211209.jpg 
今年は震災があり、節電を考慮し、「絆」という特別な光を放っています。

そして、復興の祈りを込めたメッセージ・キャンドルが置かれます。
0041207.jpg 0111207.jpg
この日は、風が強いためキャンドルは無しで、日中は点灯されていません。
それでも、夜の輝きを想像しつつ、飾り付けを見て回りました。 
0071207.jpg  
今年は、東日本や長野県北部で地震があり、復興へのメッセージを書き込んだ
灯籠が置かれた
‥という記事を読みました。
0191207.jpg  
「絆でつながる軽井沢の冬」!
夜になれば、巨大ツリーも輝いて、幻想的な空間になることでしょう♪
0031207.jpg
この日の浅間山▼‥雪化粧される前の姿です。
0721208.jpg

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

軽井沢・雲場池散歩☆2月

2月、軽井沢の雲場池を一回り散歩しました。

四季の美しさを鏡のように映しこむ雲場池!
この季節は落葉樹の葉が消えて▼こざっぱり☆
02002081.jpg 
スワンレイクという愛称もある池ですが、白鳥が来るのは稀で、むしろ鴨の湖▼
0200208.jpg 
鴨の種類も色々で▼マガモ・ヨシガモ・カルガモ・バンなど‥
0300208.jpg 
特にマガモ▼は頭が緑色で、うっとりする位鮮やか!
羽の付け根がアクアブルーのカモもいて、色や模様に魅了されます▼
0150211.jpg 0150212.jpg
雲場池の水面は穏やかで、癒しと憩いの水辺☆

ちなみに、池の名称は雲を頂く浅間山の麓にあることに由来します。
0710208.jpg  
この日、晴れ渡った軽井沢の空に、浅間山▲の上だけ雲が浮かんでいました。

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

樹氷の三才山から軽井沢へ

立春を過ぎたとはいえ、信州の朝晩はグンと冷え込みます。 

この冬を満喫しようと、三才山(みさやま)トンネルを通って軽井沢へ!
『トンネルを抜けると、樹氷の国であった』▼003228.jpg
朝日を浴びて、雪の結晶がキラキラ舞い踊っていました☆
トンネルを出て鹿教湯(かけゆ)温泉まで、樹氷の銀世界♪
内村ダム湖も全面結氷▼
0110208.jpg 
軽井沢の雲場池近くに車を停めて、冬の軽井沢散歩★
聖パウロ・カトリック教会▼周辺のチャーチ・ストリートも夏の喧騒が幻のよう‥
0460209.jpg 
カラマツ並木もセピアがかって、思い出の中を歩いている感覚☆
すれ違う人もまばらに、ショー記念礼拝堂の前に出ました▼
0490209.jpg  
避暑地としての軽井沢は、この礼拝堂から始まったといえます。
冬枯れの木立にとけ込むように佇んでいます。
0510208.jpg  0530209.jpg
それから、ショー記念礼拝堂の東を流れる小川沿いを、南に歩きました。
水面は、ほとんど氷結しながら▼氷の下を流れる小川☆
0550208.jpg 0570208.jpg
別荘地の苔も、風霜にさらされ、色の飛んだ抹茶カラー。
そこに猫が春眠をむさぼるように眠り‥「ミャー」という、かすかな春の足音を聞きました▲

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-