FC2ブログ

年末の乗鞍高原

暖冬で雪が少ない年末、乗鞍高原で雪あそびしました☆
滝の様子を見に、 善五郎の滝・展望台まで歩きました▼
DSC03393.jpg
新雪をかぶった乗鞍岳が背後にクッキリと見えました▼
DSC03407.jpg 
暖冬なので、滝の一部だけ凍り、勢いよく水が落ちています!
DSC03404.jpg 
雪道を下って、善五郎の滝までたどり着きました!
DSC03419.jpg 
辺りは雪で覆われていますが、下から水がほとばしる音がします☆
DSC03431.jpg 
回り込んで滝を眺めると、迫力の氷瀑!
DSC03446.jpg 
乗鞍高原の休暇村で一休みして、裏にある牛留池を一回り♪
DSC03450.jpg 
池は一面の白い世界で、乗鞍岳も雪煙が上がっています。
DSC03460.jpg 
今年、剣ヶ峰山頂に登った時の景色を思い出しました。
DSC03466.jpg 
根曲がり松も風雪に耐えています▲
DSC03471.jpg 
番所大滝も見ようと、転びそうになりながら、凍った階段を
下りました▼
DSC03508.jpg 
周囲の岩場は凍りついていますが、水が轟音をたてています。
上流の千間淵遊歩道も歩きました▼
DSC03477.jpg 
両岸が狭まった所に小さな滝があり、千間淵が群青色の水を湛えています▼
DSC03481.jpg 
2019年もあちこち出かけることができました。
よいお年を!
DSC03488.jpg
スポンサーサイト



乗鞍岳登山<山頂の眺望

乗鞍岳の頂上を目指して登りました。
肩ノ小屋からは急な登山道になり、息が切れて度々一休み。
その都度、振り返ると登った分だけ北アルプスが姿を見せます▼
DSC013760.jpg
火口湖の向こうには、高山の町や岐阜方面の山が連なっています▼
DSC014020.jpg 
火山特有のザレた足場を進むと、山頂の鳥居が見えてきます▼
DSC01382.jpg 
険しい岩場を登って行くと、山頂直下に頂上小屋があります。
DSC013870.jpg 
小屋の脇に「頂上からの北アルプス展望図」がありました▲
振り返って、山の名前を確認☆
DSC01428.jpg 
尖った槍ケ岳の稜線左奥に白馬連邦、さらに左に野口五郎岳▲
DSC014309.jpg 
さらに左にいって立山、劔岳~奥大日岳、薬師岳▲
DSC014040.jpg 
頂上小屋の屋根を見下ろし、いよいよ剣ヶ峰山頂(3026m)!
DSC014010.jpg 
正面南側に御嶽山☆
DSC014110.jpg 
前回は霧で何も見えなかったですが、こんな近くに御嶽山があるとは!
DSC0142499.jpg 
東には八ヶ岳が見えました▲
DSC014000.jpg 
360度の大パノラマ!

乗鞍岳登山<畳平から肩ノ小屋

 10月の上旬、乗鞍岳の山頂・剣ヶ峰に登りました。

三本滝駐車場から畳平行きのシャトルバスに乗車☆
バスの窓から眺める、乗鞍エコーラインの紅葉がキレイでした▼
DSC01285.jpg
岐阜県側にある標高2702mの畳平バス停に到着▼
頂上を目指す前に富士見岳にも登りました。
DSC01294.jpg 
登って行くと眼下に畳平の鶴ケ池▼
北アルプスも頭をのぞかせています☆
DSC01310.jpg  
標高2818mの富士見岳に登頂!
雲の間から八ヶ岳方面の山も見えます▼
DSC01321.jpg 
お花畑の向こうに、岐阜の山並みが青く霞んでいます▼
DSC01311.jpg 
北隣の穂高連峰、上高地が見えました。
左手に槍ケ岳も尖がった頭を覗かせています▼
DSC01315.jpg 
舗装された道を進む途中、見下ろすと紅葉のタペストリー▼
DSC01317.jpg 
火山湖が水を湛えて、空の色を映しています。
DSC01336.jpg 
前回は山に登らず、紅葉を見ながら三本滝駐車場まで歩きました。
今回は、山の上から望遠で紅葉を撮影☆
DSC01460.jpg 
東側は幾重にも山ひだのグラデーション▼
DSC01343.jpg 
位ヶ原山荘の赤い屋根が見え、紅葉に囲まれています▼
DSC013295.jpg 
肩ノ小屋にたどり着き、剣ヶ峰山頂も見えてきました!
大雪渓は大分小さくなっています▼
DSC013492.jpg 
エコーライン沿いの鮮やかなコントラスト▼
DSC01458.jpg  
肩ノ小屋からは、急な登りになります。
登りながら振り返ると、摩利支天岳山頂にあるコロナ観測所が見えます。
DSC01358.jpg
写真を整理して、また登山報告をします♪

新緑の上高地

 新緑の上高地を散策しました。
登山シーズンになると、穂高連峰を目指して通り過ぎる上高地を
今回はゆっくり満喫しました!
DSC0761961.jpg 
バスを大正池で降りて撮影☆
土砂の流出で縮小しているとはいえ、神秘的な景観は相変わらず。
DSC0762661.jpg 
梓川沿いを歩き、田代池に出ました▼
箱庭のような湿原に清流が流れています。
DSC0766661.jpg 
河童橋に到着!
穂高連峰の風景に溶け込んでいます▼
DSC0792361.jpg 
明神池にも立ち寄りました。
穂高神社奥社の神域で、眼前には明神岳☆ DSC0774761.jpg
御祭神は穂高見命で、日本アルプスの総鎮守。
 DSC07768.jpg  
ニリンソウが咲き誇る遊歩道を、奥に向かって進みました。
上高地は人馴れしたサルを見かけますが、カメラを向けても逃げません▼
DSC07838.jpg 
徳沢のニリンソウ群生地にたどり着きました▼
キャンプ場になっていて、ハルニレやカツラの古木が美しい☆
DSC07820.jpg 
キャンプ場近くを流れる清流沿いにもニリンソウ▼
DSC07827.jpg 
徳沢からさらに歩いて、新村橋の前に出ました▼
目の前には、前穂高岳から伸びる峰々が見えます。
DSC07840.jpg 
横尾の方まで足を延ばそうと、歩を進みました。
 DSC078906.jpg
清流と雪渓を眺めつつ歩きました。
夕方には帰宅できるよう、バスの時間を考えて引き返しました。
 DSC078626.jpg   

乗鞍・三本滝のカモシカ

関東甲信越は梅雨明けして、いよいよ暑い夏の始まりです!

蒸し暑さを逃れるように、乗鞍高原へ向かいました。
三本滝のバス停に駐車して、滝までの遊歩道を歩きました。
008417.jpg 
ここに来るのは7年振り位で、記憶をたどりながら進みました。

「虹の吊り橋」と呼ばれる橋の真下に、滝が一つあります▲
段々になった岩肌を、白く水しぶきを立てながら流れ落ちていきます☆
014747.jpg 
吊り橋の上流にも段差があり、小さな支流が幾つかのミニ滝を作っています▼
エメラルドの淵を湛えたスポットです☆
ここも7年前と変わっていません。
012747.jpg 
滝への山道を登っていくと、こもれびの中から幾重にも
絹糸を引くような水の流れが見えてきました▼

デジャブが呼び起されるような光景です。
021747.jpg 
滝が落ちる音がする方へ向かうと、一帯にマイナスイオンを感じます。

水源が異なる3つの滝が合流する地点です。
向かって右側は、黒い溶岩の上を水が舐めるように流れ落ちています▼
026747.jpg 
その左は小大野川本沢の滝で、豪快な水しぶきを上げています。
滝に近づいていくと、爽快なミストシャワー!
035747.jpg
さらに、視線を左に移すと、無名沢(むみょうさわ)の滝が見えます▼
乗鞍岳の噴火によってできた名勝です。
054747.jpg 
「黒い沢の滝」の写真を撮っていると、後からやって来たご夫婦に
「カモシカがいるね」と声をかけられました。
よくよく見ると、滝の左岸から、カモシカがこちらを見ています。
055721.jpg 
カメラをズームインすると、こっちを見たり、下の草を食べたりしています。
野生のカモシカは、人を警戒してすぐ逃げてしますのですが、
近づけない事が解っているのか、悠々としていました。
057741.jpg 047741.jpg  
めったにない場面に遭遇したような、得した気分を味わいました♪
乗鞍の自然の懐の深さを実感しました☆
056747.jpg 
暑中お見舞い申し上げます(カモシカより)
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-