美ヶ原の茶臼山から眺める浅間山

梅雨の晴れ間に、山登りをしました。
長野県松本市と長和町村にまたがる茶臼山です。

ビーナスラインの扉峠駐車場に車を停め、近くの登山口から登りました。
079704.jpg 
標高2000mほどの山ですが、今年初めての山登りにウキウキ☆

樹林帯を抜けると眺望が開け、向こうに八ヶ岳の山々が見えてきました▲
見下ろすと、先ほどの扉峠駐車場にある売店の赤い屋根があります。
006704.jpg 
さらに登るにつれて、左手に北アルプス連峰の麓に広がる松本盆地が見えてきます▲

右手には蓼科から上州の山々、そして浅間山が目に入りました!
021707.jpg 
浅間山上空は雲がかかっていることが多いのですが、噴煙のようにも見えます▼

今年6月に噴火警戒レベルが上がり、火口周辺は規制されました。
051704.jpg 
ここから見る限り、ごく小規模の噴煙で、ほっとしました。
箱根の方も、噴火による観光客への影響が心配です。

1時間くらいで丘のような頂上にたどり着きました!
054704.jpg 
梅雨時なので見晴しは期待してなかったものの、雲海の下に稜線が見えました。
八ヶ岳の裾野の湧き立つ雲間から、富士山が頭を出しています▼062705.jpg
ラッキーアイテムのような富士山を振り返るりつつ、美ヶ原高原を歩きました。

近年は、トレイルランが人気で、美ヶ原の稜線を駆ける大会もあります。
また、霧ヶ峰や白樺湖の向こうまで歩く、中央分水嶺トレイルもあります。
045705.jpg  
足元に咲く高山植物を愛でるのも、これからの季節の楽しみ♪

レンゲツツジが早くも咲き始めて、高原に赤系色を添えています。
御嶽山~南アルプス方面は雲がかかっていました▼
041705.jpg
中学・高校の運動部が、全国大会を目指して汗を流す季節。
燃える青春の象徴のように、レンゲツツジが赤く咲いています。

お昼時になったので、レンゲツツジが咲く小高い場所でランチ休憩▼
050704.jpg 
富士山を眺めつつのお昼を食べてから、下山しました。
スポンサーサイト

御嶽山の噴煙・富士山@美ヶ原

どこまでも青い空が広がる休日、信州・美ヶ原へ行きました。

カラマツ林を抜けて「思い出の丘」付近まで登ると、見通しが広がり
世界の天井が抜けたかのような風景▼
016104.jpg 
美ヶ原からは日本の中央部を360度展望することができます。

9月27日に木曽の御嶽山が噴火して、3日後の29日に撮った写真です。
御嶽山からはまだ噴煙が上がり、煙りがたなびいているのが見えました▼
025104.jpg 
戦後最悪の火山災害となってしましました。

この大地と言うのはソリッド(頑丈)ではないんだなと痛感させられます。
この美ヶ原自体、太古にはフォッサマグナ海底に沈んでいました。

車を自然保護センターに停めて、王ヶ鼻に向かって歩きました。
034105.jpg 
色づき始めた麓の向こうに、富士山がクッキリと頭を覗かせていました▲

尾根の突端部である王ヶ鼻に立つと、北アルプスが青い屏風のように立ち、
槍ヶ岳のトンガリや穂高岳の岩肌が箱庭のように楽しめます
044105.jpg
稲刈りがまだか、済んだばかりの大地は黄金色▲

視線を左端から移動する中で、八ヶ岳から標高日本1の富士山、南アルプスの
北岳、そして奥穂高岳と、日本の標高ベスト3が拝めます☆
046105.jpg 
それから視線を左端まで移すと、台上の草原のかなたに奥立山連峰、北信五岳が
連なり、台上に移動すればぐるりと浅間山、奥秩父連峰も見ることができます。

美ヶ原は約1500万年前に隆起したと言われます。
0661005.jpg 
約130万年前から成層火山ができて、痕跡の溶岩が頂上部に残っています。

王ヶ鼻も板状節理が、石の板を重ねたようにできています▼
中央アルプスの御嶽山を望み、御嶽教信仰の山でもあります。
056104.jpg 
王ヶ鼻に並ぶ石仏群は御嶽山の方角を向いています▼
仏と共に、火山災害の犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするだけです。
061104.jpg 
大自然の猛威の前では、ただ謙虚になるしかないのでしょうか。

牛の放牧シーズンも、まもなく終わるようです。
072104.jpg 

美ヶ原・牛伏山からのパノラマ@秋

信州の里山の色も、すっかり秋のニュアンスに変わりました☆

そんな季節に、松本市の東にある美ヶ原高原に行きました。
アザレアラインから、ビーナスラインに入ると、下界の丘陵が秋色▼
0021030.jpg
 
終点の山本小屋・駐車場から見下ろすと、波打つ大地が、高度によって様々な色♪
霧ヶ峰から蓼科山・八ヶ岳方面が見えました▼
0041030.jpg 
今回は、駐車場から200m位の牛伏山(1990m)に登りました。
電波塔のある王ヶ頭に視界が一部遮られていますが、山頂からは360度のパノラマ▼
0161030.jpg 0301030.jpg
夏にはボンヤリしていた山容が、秋晴れの下、クッキリ見えて感動!
コチラは、北アルプス方面で、槍ヶ岳が尖った頭を天に突き立てています▼
0201030.jpg 
その右手に続いている白馬連峰には、早くも積雪があります▼
グルリと見回すと、浅間山まで見えました。
0151030.jpg 
そして、今回初めて、美ヶ原から富士山を見ることができました!
と言っても、富士のすそ野は、手前の山に隠れています▼
0241040.jpg 
富士山から視線を右に移すと▼南・中央アルプスが連なります。
0321101.jpg 0331101.jpg
牛伏山丘陵から、御嶽山が青く浮かび上がっていました▲

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

ビーナスライン☆車山から美ヶ原

全国的に広い範囲で、梅雨明けとなりました!

信州のビーナスライン沿いは、夏本番になるこの季節がベストシーズン☆
7月上旬、車山高原▼から美ヶ原までビーナスラインをドライブしました。
DSC07361.jpg  
このあたりも、まもなく「ニッコウキスゲ」が一面を黄色く染めて咲きます♪
紅のレンゲツツジ▼に目を楽しませてもらいながらの走行★
DSC07346.jpg 
霧ヶ峰高原の「霧の駅」というドライブインで一休み‥
乗馬場▼の横を通って、霧鐘台のある丘に登り名峰をグルリと見回しました▼
DSC07355.jpg DSC07360.jpg
さらに「道の駅・美ヶ原高原美術館」 ▼まで、爽やかな風を受けながらドライブ☆
美術館内は有料ですが、それ以外はドライブインとして利用できます。
DSC06804.jpg 
フジサンケイ系列なので、フジテレビの番組ポスターや、番組グッズがお台場風‥
前衛的な野外彫刻も眺められる、標高2000メートルの道の駅♪
DSC06807.jpg DSC06798.jpg
そして、美ヶ原の山本小屋に駐車して、牧場まで歩きました。
松本市の小学校では、5年生で「美ヶ原キャンプ」を、何校か行っています。
DSC06785.jpg 
班ごとに分担して飯盒すいさんをしたり、レクリエーションして一泊する行事です。

わが家の次男も、先週「美ヶ原キャンプ」に行きましたが、あいにくの雨‥
「でも、牛は見れたよ」と言っていました☆
DSC06751.jpg

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

美ヶ原・王ヶ鼻~日本名山の絶景

6月の休日、松本市・美ヶ原高原の主峰である「王ヶ頭」に行きました。

電波塔が林立する王ヶ頭は標高2,034m★
主峰といっても王ヶ頭ホテルの裏で、この日も修学旅行の小学生が集まっていました。
DSC06758.jpg DSC06759.jpg 
ここから、美ヶ原の尾根の端である「王ヶ鼻」に向かいました。
王ヶ鼻の岩上に石仏群があり、御嶽信仰に由来して御嶽山の方向を向いています▼
 DSC06782.jpg DSC06776.jpg
王ヶ鼻に立つと、「何だこれは!」という絶景です。
木曽の御嶽山 ▼
DSC06719.jpg
板状節理の岩が、大地の鼓動を感じます。
DSC06774.jpg 
フォッサマグナの西端の地で、火山の浸食地形★

松本平が目下に霞んで、御嶽山から南アルプス方面まで見渡せます。
こちらは、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳方面▼
DSC06780.jpg 
向きを変えて北を見ると、北アルプス!
DSC06717.jpg
視界が曇っていますが、穂高連峰▼から立山連峰までのパノラマ♪
DSC06773.jpg  
新聞で「週刊ふるさと百名山」刊行の広告を見ました。

この美ヶ原自体も百名山の一つですが、晴れ渡ってさえいれば、
多くの名山を遠望できます。

遠く富士山から、穂高岳・槍ヶ岳・常念岳・白馬岳・剱岳・乗鞍岳などなど‥
DSC06772.jpg 
振り返ると王ヶ頭の電波塔▲
もう少しすると、高山植物が高原に彩りを加えます♪


          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-