光城山~長峰山コース

安曇野を展望する「光城山~長峰山コース」を、2月の終わりに歩きました。

車で直接、長峰山山頂近くまで行く道路は、4月まで冬季通行止めのため
光城山(ひかるじょうやま)の駐車場からスタート!

傾斜が急な登りを急いだため、結構息切れして冷たい空気を肺にいれ
ながら山頂にたどり着きました▼
015303.jpg
登山道は、所々雪や氷が残っていて要注意。
青空の下、北アルプスの素晴らしい眺望▼
016303.jpg 
この季節は、視界を遮る木の葉が少なく、空気が澄んでいるため
抜群の視界が広がります!
008304.jpg 
北へ連なる爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・白馬岳は、白く冠雪して
スキーに行きたくなります☆

今回は、さらに長峰山に向かいます。
019304.jpg 
天平の森という施設を過ぎて、さらに登れば長峰山山頂!
久しぶりに来たら、モニュメントがきれいに塗装されていました▼
029304.jpg 
冬季通行止めの時期に来たのは初めてで、斜面には雪が残っています▼

昭和45年に、作家の川端康成・井上靖、画家の東山魁夷が訪れています。
022304.jpg 
東山魁夷は長峰山からの風景について語っています。
「上高地から流れ出る梓川が高瀬川と合流し、犀川となって北へ流れる
平野の上に高く連なる北アルプスの山々‥

030304.jpg
‥常念 東天井 燕と長峰山の上で案内人の指し示す残雪の嶺々を
仰ぎながら、飽かず眺めたひとときが忘れられない」

028304.jpg 
文中にある川の合流地点は水が豊かな地で、毎年、白鳥がやってきます。

2月の後半には、北帰してしまうのですが、長峰山を下山した後
様子を見に、白鳥飛来地に寄りました▼
032304.jpg 
3月の卒業シーズンになりました。
ある卒業文集を読んだら、いい言葉が書いてありました。
背中の重い荷物は大きな翼だよ
033304.jpg 
背負うものが重く感じられても、それを翼と考えれば
白鳥のように翼を広げて、大きく飛翔できる☆

スポンサーサイト

光城山の眺望と白鳥@安曇野

「今年も白鳥がやって来たかな?」と、信州・安曇野の白鳥飛来地を訪れました。

犀川白鳥湖には白鳥が減っているようですが、明科の御宝田遊水池には
何種類ものカモと、たくさんのコハクチョウを見ることができました▼
001118.jpg
この冬は早くから雪が降ったので、エサを求めて雪の少ないこの地に
集まってきたかもしれません。

白鳥の元気な姿を見て安心した後、運動不足解消にと
近くの里山である「光城山(ひかるじょうやま)」に登りました!
007118.jpg 
光城山の登山道には頂上まで桜が植えられていて、桜の名所でもあります。

1月に登るのは初めてで、所々凍結した道を、転ばないよう慎重に歩きました。
029118.jpg 037118.jpg
頂上付近で安曇野を見下ろす眺望が広がります▼
木々に視界を遮る葉が無く、大気が澄んでいる冬季は、特に見晴しがいい季節☆
038121.jpg  
頂上には戦国時代の光城址があります。

海野氏の一族が周囲に山城を築き、互いに狼煙(のろし)などで連絡を取り合ったようです。 
狼煙台の後に火の守り神である「古峯神社」が祀られています▼
046118.jpg 044118.jpg
北に少し下ると、北アルプスと安曇野の展望ゾーンがあります。
先ほど眺めた台形の有明山が見え、手前を犀川が流れています▼
042118.jpg 
さらに北に目をやると、爺ヶ岳など白馬の山々が連なっています▼
煙突から煙が上がっているのは、穂高のゴミ処理施設です。
048118.jpg 
白鳥飛来地の池から見えていた煙突で、常念岳の方向にカメラを向けると
映り込んでしまい、景観的にイマイチ▼
006118.jpg 
寒いのは苦手ですが、常念岳を背景に白鳥が隊列を組んで
飛んで行くシーンは、冬ならではの絶景です▼
冬が寒くてよかったと思うひととき☆
025118.jpg 
 

拾ヶ堰ウォーキング

ゴールデンウィークを過ぎると、農作業も本格化する頃‥
信州の田園にも水が張られて、田植えが進められています。

安曇野の水田を潤す用水路である「拾ヶ堰(じっかせぎ)」も、水を湛えています。
拾ヶ堰沿いは、遊歩道になっているので、ウォーキングやジョギングに最適!

今回は、取水地である松本市島内からスタートです!
007504.jpg 0030504.jpg
奈良井川沿いを国道19号線で行くと、「新橋」の近くに頭首工があります▲

豊かな水量の奈良井川の水が、ココで取水され、農業用水として利用されます。
この「拾ヶ堰土地改良区」から、まず北に向かって水路が伸びています。
012504.jpg 027504.jpg
水路沿いを進むと、途中には舗装してない土手もあります。
草を踏みしめて歩いていくと、平瀬橋という吊り橋の横に出ます▼
018504.jpg 023504.jpg
この平瀬橋は、国道19号線と147号線の交差地点で、ここから西に水路が曲がります。

ラ―ラ松本という温泉プールの横を過ぎると、梓川に突き当たり、向こう岸は安曇野市☆
あづみの橋という、自転車・歩行専用の橋を渡ると、再び拾ヶ堰が出現!
031507.jpg 042504.jpg 
用水路が、どうやって川を横切っているのか疑問でしたが、こんなモニュメントを発見▲
右岸から左岸へ、梓川の地下を353m掘削して、拾ヶ堰を通した機械の最前部との事。
0330504.jpg 
こちらは▲拾ヶ堰沿いの自転車道路の案内図で、赤線沿いを歩いています。
上の図で、長野自動車道の下をくぐる辺り▼    「詩のある広場」休憩所▼
047504.jpg 055504.jpg
さらに歩くと、図の通り南部総合公園▼があり、自転車道は広域農道の下をくぐります▼
南部公園▼にはテニスコートや、遊具・マレットゴルフ場があります。
100507.jpg 060508.jpg
 拾ヶ堰沿いは桜の名所でもあり、桜の季節は花見ウォーキング♪
4月25日撮影時、まだ桜の花が残り、水面を桜色にしていました▼
062504.jpg 097504.jpg 
そのまま進み、国道147号線に突き当たる地点に拾ヶ堰の竣工記念碑があります。
記念碑には▼「農林水産大臣 福田赳夫」の書と刻まれています。 
090508.jpg 068508.jpg 
北アルプスが近くに見えてきて、拾ヶ堰の水鏡に映る常念岳▲
自転車道は大糸線の線路下をくぐるのですが、遮断機が鳴り始めたので電車を待ちました。

常念岳を背景に、拾ヶ堰を過ぎる大糸線電車の写真が撮れました▼
0710504.jpg  

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

クリスマス・イルミネーション@安曇野

2012年のメリークリスマス!

都会のクリスマスは煌びやかですが、自然の中のイルミネーションも和みます。
夕暮れになって、長野県の国営アルプスあづみの公園に行ってみました。
0761222.jpg 0731222.jpg
あづみの公園では、クリスマスに毎年テーマを決めて、趣向をこらしています。
今年の堀金・穂高地区は、虹色に煌めく光と音のラプソディ「Ring Ring Magic」☆
0711222.jpg 0381222.jpg 
虹のトンネルを抜けて、水辺のエリア一帯に色んなリングが展開しています。
キーンと冷えて澄み渡った空気のせいか、色のコントラストが鮮やか☆
0411222.jpg 
オシャレな曲に合わせて光が点滅し、レインボー・ラプソディー♪
テラスから見下ろすと、水面にも色が反射して幻想的‥
0621222.jpg 0591222.jpg 
漆黒の闇に、音と光が奏でる物語が浮かびあがって見えました。
ここから離れた大町・松川地区では、「星くずのハーモニー」がテーマだそうです。
0531222.jpg 0641222.jpg 
あづみの公園を後にして、帰り道に「安曇野の里」に寄っていきました。

以前から、イルミネーション・スポットとして噂には聞いていました。
無料で、地元ボランティアによる飾り付けなのですが、充実ぶりにビックリ▼
0881222.jpg 
中庭に入ると、そこは光のページェント。
2012と光る文字の向こうに「がんばろう日本!希望」というメッセージが目に入りました。
0921223.jpg 1001222.jpg 
思えば被災地の復興は程遠い‥でも、希望の光はほのかに見えてきています。
1年を総括するようなサインもあり、「今年はワイルドだぜぇ~」▼
1061222.jpg 
ここには「ビレッジ安曇野」という宿泊施設や、あづみのガラス工房などが並んでいます。
1月いっぱいまで夜のイルミネーションが点灯されるとの事。
0951223.jpg 1031222.jpg  
干支が並ぶサインもありました▼寅、卯、辰ときて、来年は巳年です。
そういえば、年賀状を書かなくてはいけないので、この辺で‥
0841222.jpg 
それでは、良いお年を! Have a good NEW YEAR!
  

テーマ : 夜景・イルミネーション
ジャンル : 写真

安曇野ドライブ~堀金「延命水」

2011年6月の休日、信州・安曇野の堀金地区をドライブしました。

まず、道の駅「ほりがね物産センター」で一休み‥
隣接する農園は、ポピー(ひなげし)の花が満開で、その鮮やかさに魅かれて撮影▼009617.jpg
同乗者(妻)のリクエストで、テレビ小説「おひさま」のロケ地がある「国営アルプス
あづみの公園」事業用地▼に行きました。
011617.jpg 
見事な屋敷林に囲まれた庄屋屋敷「山口家住宅」の南側農地には▲ソバが植えられて
白い花が咲くころには、また多くの人が訪れそうです♪ 
018629.jpg 
道祖神や水車小屋セット▲の所で記念撮影した後、あづみの公園の先にある
「烏川渓谷」の上流に向かいました。
015619.jpg  022617.jpg
豊かに茂る木々に包まれて「大水沢の滝」▼が、1枚の写真に収まらないくらいの
落差で水しぶきを上げていました☆
027617.jpg 
さらに渓谷の奥地に進んでいくと、「延命水」と看板の立つポイントに出ました。

苔むした岩肌から、幾筋もの清水が湧き出しています▼
同乗者が、さっそく延命水を飲んだところ「苔の味がする」とのこと☆
037619.jpg 050619.jpg
蒸し暑い季節には、涼やかに癒される湧水スポットです!
053617.jpg
更に進むと、「三股」という常念岳への登山口にたどり着きます。

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-