八方尾根・紅葉トレッキング

長野オリンピックの会場にもなった八方尾根から
紅葉を眺めながら唐松岳に向かってトレッキングしました。

リフト乗り場を目指して黒菱林道を登って行くと、車窓に白馬の山々が迫って来ます。
1021025.jpg
ユラユラとリフト▲にゆられて黒菱平に着くと、雲間から白馬岳が姿を現わしました▼
0081025.jpg   
リフト終着点の八方池山荘から、唐松岳への登山道を歩きました☆

お昼時になるまで、ひたすら登ってみることにしました。
右手には白馬三山(白馬岳・杓子岳・鑓ヶ岳)の眺望▼
0201015.jpg 
左手には五竜岳・鹿島槍ヶ岳▼が、雲に隠れつつそびえています。

そして、前方には不帰ノ嶮という、名前の通り帰ってこれないような険しい峰々が▼
頭を覗かせています
0261035.jpg 0271035.jpg
前方をドラマ撮影の機材を背負ったスタッフが、重そうに登って行きました。
ベンチ辺りに、ロケ隊が集まっていました。

担架に白い顔の女優さんが横たわるシーンで、傍らに松平健さんがいらっしゃいました。
0311019.jpg 0361021.jpg
まったくの推測ですが、「信州山岳刑事」というテレビ東京のミステリー
ドラマのように思えるのですが、いかがでしょうか‥
マツケンサンバのステップを踏みつつ、八方池にたどり着きました▼
0971013.jpg  
この池を目的地とするツアーも多く、登山者の休憩地点でもあります。
さざ波だつ透明な水を湛えていました。
0411021.jpg 
八方尾根は唐松岳山頂から、尾根が八方に伸びる斜面です。

その唐松岳を目指して、10月上旬の山を登って行きました。
振り返ると、県境の山々が見えます▼
0581021.jpg
左から、雨飾山・焼山・妙高山・戸隠・飯綱山そして菅平高原と広がっています。

雪渓が残る地点を越えて、山の風景を眺めると、白い木の枝に黄葉が輝き
紅葉の深紅が点在するタペストリーが広がっています▼
0931021.jpg  
時間的にお弁当タイムになり、山頂がチラリと見えつつも、登頂は断念。
0671025.jpg
汗をかきつつ登ってきたものの、お弁当を広げると冷え切って、凍りつきそう‥
0721025.jpg
日差しを探し求めるように下山しました。
唐松沢に向かって織りなす秋の絶景☆
0781041.jpg  
スポンサーサイト

白駒池~高見石<苔のワンダーランド

長野県の東部に位置する佐久穂町にある白駒池に行きました。

茅野市の蓼科高原からメルヘン街道と呼ばれる国道299号線をドライブして
標高2千メートル以上ある麦草峠を越えると白駒池の駐車場があります。


北八ヶ岳の原生林の中にたたずむ池の周辺を散策しました▼
 020922.jpg 
神秘の苔の森として知られ、まさに苔のワンダーランド!

以前、テレビ番組の「大人の山歩き」でも取り上げられて、いつかこの森を
歩いてみたいと思っていました。
028922.jpg  
コメツガ、シラビソなどがうっそうと茂る原生林の中を進んでいきます。

倒木や木の根、辺り一面に苔の絨毯が敷き詰められています。
健康な苔のアロマに満ちた彷徨の森☆
015922.jpg 
日本一を誇る白樺群生地である八千穂高原の一角にあり、 日本3大原生林の一つ♪

まず、湖一周のコースを歩くと、苔に覆われた大木と静かな水辺に癒されます。
104922.jpg 
秋のお彼岸頃ともなると、一気に冷え込んで木々が色づき始めています▲
池の周囲には山小屋▲や、キャンプ場もあります。
092924.jpg 096924.jpg  
案内板によると、「八ヶ岳火山湖沼の中で一番大きく
2000m以上の高地にある湖としては日本で最大」とのこと。
089922.jpg 
「苔の会」は、池周辺の森10箇所に名前を付けて、案内しています。
そのひとつ「もののけの森」は、まるでジブリアニメの世界▼
他にも「オコジョの森」「ヤマネの森」などがあります。
099922.jpg 100922.jpg  
池を一周した後、「高見石」という眺望スポットをめざし、
高見石小屋という「ランプと星空の山小屋」にたどり着きました。
その奥に積み重なった巨大な岩の堆積が高見石です      ▼
065924.jpg 045923.jpg
足の踏み場を探りつつ、腕の力も使って登りました。
高度を上げるにつれて北側に、北八ヶ岳の茶臼山・縞枯山、
そして左奥に蓼科山まで見えてきました▼
041922.jpg 
上まで登りきると、眼下に白駒の池、その先に佐久平が見渡せます▼

改めて八ヶ岳周辺の景観の美しさに感動しました!
044922.jpg 

常念岳<夏山登山(1)

8月の台風が来る前に、北アルプス・常念岳に登ってきました!

それなりの登山経験を積んで、常念岳の日帰り往復に挑戦☆
一ノ沢登山口▼から沢沿いのコースを、猿の見送りを受けて登りました▼
004809.jpg 002810.jpg
常念岳は松本~安曇野からピラミッド形に見える、馴染み深い山です。

真夏の登山ということで、熱中症と足のトラブル対策をして臨みました。
長距離になるため登山靴をリュックに入れ、岩場まで履きなれた靴で進みました。
006811.jpg 013811.jpg 
沢の瀬音を聴きながら樹林帯を登り▲持参したタオルを沢で濡らして首に巻くと
痛い位の冷たさでクールダウン☆
トチノキの前に鳥居がある「山の神」を通過▼
010810.jpg 
急な登りは無いものの、登山道の一部は沢の石を歩くので滑りやすく要注意。
途中、丸太の上を渡ったり、一の沢を左手に見つつ大きな岩を乗り越えて行きます。

険しい山道を歩きながら頭に浮かんでくるのは、今月行われている
中学・高校生のスポーツ大会の事‥
014811.jpg 023811.jpg
8月は高校生の総合体育大会や、甲子園野球の熱戦が行われます。

県大会を勝ち進んだ信州の中学生は、8月5日~7日の北信越大会に臨みました。
福井・富山・石川・新潟各県と競い合って、全国大会を目指すのです。
大滝ベンチ▼
025812.jpg 
身内の中学生が北信越大会に出場していて、7日の準決勝に勝ち進めば、
この日は登山ではなく、新潟まで応援に行く予定でした。
敗退のメールを受けて、以前から登りたかった常念岳に挑んだわけです。
034812.jpg 040812.jpg
朝は青空が広がっていたのが、烏帽子沢、笠原沢といった渓流地点を越える頃、
ガスが出て怪しい雲行きになってきました。
その分、日差しがさえぎられて体力の消耗が抑えられました。
066813.jpg 
振り返って見ても、まっ白いガスで靄の中▲
天気予報は午後から40%雨だったので、眺望は期待していませんでした。

夏休みということで家族連れや、カラフルなウエアーを着た若い登山者を見かけました。
下界は35度でしたが、雪渓が残っています▼
064843.jpg 117813.jpg
胸突八丁という地点から急な登りになり、息を切らしつつ▲また胸をよぎるのは
夏の大会に負けて帰って来るた子供たちのこと。
中学・高校の全国大会で優勝できるのは、数千校に1校ですから
ほとんどが負けて引退するわけです。 
065814.jpg  
でも、勝ち負けに関係なく、一生懸命に練習したことや
全力で試合をしたことで、多くの事を学んだはずです。
そして、子供たちがスポーツに打ち込めるのも、保護者がお弁当を作ってくれたり
送迎してくれたりという、サポートがあってのお陰なのです。
068843.jpg
この山道でも、多くの高齢者とすれ違いましたが、長~い人生の中で
宝物のような思い出になるでしょう。
100年たっても忘れられない夏!
071843.jpg 
常念乗越の地点にたどり着き、山頂が見えてきましたが▲ここからが遠い道のり。
次回に続きます‥
074814.jpg 

燕岳~大人の山歩き

長野県には絶景の山が幾つもありますが、その一つの燕岳(つばくろだけ)に登りました。

登山口のある中房温泉から4kmほど登った地点に来ると槍ヶ岳が顔を出し、
燕岳まで2.3kmという標識が立っています▼
0581110.jpg
ということは、片道6.5Kmで、平地の感覚ではたいした距離ではないですが
急勾配をよじ登って行く、きつい道のり‥

それだけに、視界が開けて下界を見晴らす気分は最高!
有明山の背中越しに眺める名峰の数々▼  0821110.jpg
テレビ朝日系列で「大人の山歩き」という番組があり、燕岳に登る回もあったようです。

自分のペースで山を歩き、大自然の懐に抱かれる週末を提案する番組でした。
大人の山歩きとは、自然との静かな語らいの中、小さな発見をしたり
日々の生活をリフレッシュしたり、自分を見つめなおすキッカケをつくる事だそうです。
0681111.jpg
大天井岳の向こうに、槍ヶ岳・穂高連峰が連なります。

この位置からだと、槍の右肩に「小槍」がクッキリ見えてます▲
頭の中に「アルプス一万尺」のメロディーが流れました。    富士山▼
0781112.jpg 0671112.jpg
♪アルプス一万尺~小槍の上でアルペン踊りを~さあ踊りましょ!らんららら・らららん♪
実際の小槍は、登るのに危険な岩ですが、陽気に踊っている姿を空想すると楽しくなります☆

北側には白馬の峰々も見えてきます▼
0691112.jpg
標高が上がるにつれ霜柱が立つ登山道になり、花崗岩の鎖場も通ります▼
登った日は2013年10月29日ですが、11月10日過ぎには積雪の模様。
0621110.jpg 0721110.jpg
マンガ「岳」の世界になり、燕岳の岩峰がオブジェのように見えてきました!
北アルプスの女王とも呼ばれ▼緑のガウンをまとった気品あふれる美しさ☆
0741110.jpg 
「泊まってよかった山小屋」ランキング上位である燕山荘が見えてきました▼
今回は、この山荘を目指してきた登ってきたので、ここでゴールイン!
0731110.jpg 
そして、下りは重力に身をまかせ、滑り落ちるのを踏ん張って帰りました。
木の根が手すりとなり、大人の山歩きにしてはハードな下りでした。
0931110.jpg 0971110.jpg
ふもとのカラマツ林に戻り、中房川のせせらぎが聞こえ、秘湯の温泉臭で温泉気分。
戻ってみると、さらに色づきが増した中房温泉でした▼
1041033.jpg 

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

上高地<日帰り強歩

前回に続き、紅葉直前の時期に歩いた上高地の写真をご紹介します。

横尾谷を進むと、屏風岩が魁偉な姿を表します。
ロッククライミングの名所で、切り立った岩壁は圧倒的な風貌▼
0851016.jpg 
屏風岩を左手に見ながら本谷橋を渡りました。
ここから先の登りは岩石の堆積で、階段の一段抜かしの感じで登ります。
0311016.jpg
涸沢という名の通り、水の涸れた渓谷に入ります。
すれ違うのも難しい登山道なので、前に人がいると登るスピードを合わせるため
それだけでも時間がかかります。
0731016.jpg 0441019.jpg  
一歩一歩岩を選んで登りつつ、色づき始めたナナカマド越しに周囲の絶景を眺めました▲
涸沢の一部が見えてくると、気分も昂揚してきます▼
0461018.jpg 
日帰りのため、帰りのバスの時間を頭に入れつつ、できるだけ涸沢カールに
近づこうと急ぎました。
屏風岩を廻り込むように登りつつ、仰ぎ見る空に秋の雲▼
0651016.jpg  
穂高連峰の気高い岩峰郡が間近に迫って見えてきます。
0501016.jpg 
逆光ですが槍ヶ岳らしき尖がりも見えてきました▼
 
0681016.jpg 
氷河が削った地形のカールまで、あと少しでしたが、午後2時を過ぎてしまい、
この辺が潮時と、引き返しました。
0791016.jpg 
下りはスピードが出るものの、帰り道は遠く感じます。
持参した水筒のお湯で渇きを癒しながら、往復約30kmの強歩となりました。
1101017.jpg 1141019.jpg
午後5時前に河童橋にたどり着き、橋の上から定番の一枚▼
1121016.jpg 

 

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-