永遠の0感想と清滝の氷柱

立春‥季節は一歩ずつ春に向かっています。
今年の冬は、比較的暖かいのですが、信州はまだまだ寒い日が続きます。
凍てつく朝に、木曽の御嶽山麓にある滝の氷柱を見に行きました。

大滝村にある「清滝」は、古くから御嶽修験道の滝行が行われる聖地▼
086128.jpg 
神聖な氷の造形写真を並べつつ、前回に続き、映画「永遠の0」について書きます。

朝のテレビ番組ZIPで、「異例の大ヒットの秘密」というレポートが放送されました。
単なる戦争映画ではなく、家族愛や謎解きの要素、出演者の素晴らしさ
戦闘シーンのリアルさなどが理由にあげられていました。
 101128.jpg
「永遠の0」は、”海軍一の臆病者”と呼ばれた祖父の真実の姿を、孫の視点で
現代と過去を交錯させながらつづっています。

岡田准一さんが演じる宮部久蔵は零戦パイロットで、妻・松乃(井上真央さん)に
「生きて家族の元に帰る、死んでも、生まれ変わってでも帰る」という約束をして出征します。
 
生きることに執着した宮部が、なぜ最後に特攻を志願したのか?という孫の疑問を
軸に、祖父の戦友を訪ね歩きます。
099202.jpg 
祖母・松乃役の井上真央さんは、以前NHKの朝ドラ「おひさま」で、戦時中、松本の
ソバ屋に嫁ぐ役を演じ、モンペの着こなしも堂に行ったもの☆

脚本・VFXも担当した山崎貴監督は松本市出身で、実写にこだわった雲や海の美しさも
映画「永遠の0」の見所の一つ!
093202.jpg 
最後まで生き残りのクジがあったのに、宮部が特攻を選んだ心中は宮部本人にしか
分らないことでしょうし、葛藤もあったでしょう。

自分のために命を投げ出そうとした教え子(大石)や、若い兵士たちの犠牲によって
生きていることに苦悩し、特攻としての最後を生きることでけじめをつけようとしたのか?

最後は、懸念していた妻子の未来を、教え子の大石に託すという一縷の望みができた
時点で生還への呪縛は無くなり、晴れやかに教え子たちの後を追ったように見えました。 
 
清滝からさらに御嶽山へ向かう途中に、新滝があります▼
115203.jpg   
天才的な戦闘技術を駆使して、宮部は会心の飛行で敵空母に突っ込みます。
その表情は、どや顔の清々した笑顔でした。

宮部の死と入れ替わるように生き残った大石(夏八木勲さん)は、命のたすきリレーを受け
止めとめて、こんなセリフを残しています。
生き残った者がしなければいけないことは、その死を無駄にしないことだ。物語を続けることだ
117128.jpg 
映画を観る前に原作の小説も読んでいたので、原作と比べつつ鑑賞しました。
原作の「民意を軍拡に暴走させた新聞社の戦争責任」という核心部分は、スポンサー
への配慮か触れていませんが、映画だから伝わるものもあります。

さらに、神風特攻隊に関する資料も読みあさる中で、やはり、特攻隊員の遺書に
涙腺がゆるみました。
122203.jpg 
ある18歳の隊員の遺書は稚拙な字で「お母さん 大元気で  でっかい奴を沈めます」
特攻前の大石を思わせる辞世もあります。
「あんまり緑が美しい 今日これから 死にに行くことすら 忘れてしまいそうだ」

幼さの残る特攻隊員が、慰問袋に入った人形に微笑んだり、枕元に手縫いの人形を置いて
寝ている寝顔の写真も見ました。
そのような尊い犠牲の上に、今日の平和があるのでしょう。
90128.jpg

スポンサーサイト

松本の映画館跡~永遠の0(1)

暦は大寒の頃、映画「永遠の0」を観に行きました。

この映画は「山崎貴監督作品」ということで、特に関心がありました。
というのも、山崎氏とは同じ中学校の1年違いの同窓で、高校卒業まで同じような行動圏内
で遊んだり、映画を見ていたわけで、彼が撮る映像に懐かしさを覚えるからです。

山崎氏は中学生の時に「スターウォーズ」「未知との遭遇」を観て、特撮の道に進もうと決心
したそうですが、当時の松本の映画館はすべて無くなり、郊外のシネコンがあるだけです。


かつてあった映画館の防備録を書こうと、旧蹟を歩きました▼
023622.jpg  
松本の町歩きマップに映画館名を入れてみました。

映画館跡や周囲の写真を撮ったので、松本城の西から順に紹介します。
まず、「西堀町」▼にあった「松本東宝セントラル」 から。
041122.jpg 046122.jpg
映画館跡は老人福祉施設になって、ブラウンのビルに建て替えられていますが     ▲
周囲には昭和30年代風の建物も残っています。

山崎監督の出世作「ALWAYS三丁目の夕日」では、昭和30年代の庶民の人情を描いて
いますが、昭和38年生まれの山崎氏は、40年代の松本を思い出しつつ撮影したそうです。 

続編の「三丁目の夕日’64」では、小説家茶川の故郷を松本に設定しています。
075123.jpg 065123.jpg
上の地図にある四柱神社からナワテ通りに入った所に、かつて「松本中劇」がありました。 
中劇の2階に「シネサロン」という名画座もありましたが、現在はマンションになっています。

山崎氏も私も小学生の頃、ゴジラやガメラの特撮の洗礼を受けた世代です。
056122.jpg   
ナワテ通りの路地を北に行った「みどり町」には「松本エンギザ」がありました。
現在は、更地になってマンション建築が進んでいます▼
086122.jpg 
さらに、西に進むと、大正期の建物が残る上土通りに出ます▼
かつて「松本ピカデリ― 」「開明座」が並んでありました。
093128.jpg 
ピカデリ―だけは▼現在もスクリーンが残り、演劇などのイベントが行われています。
「上土シネマ」の看板が残る建物は、かつて「松本東映」でした▼
028128.jpg 014128.jpg
松本城の東の外堀沿いの片端町▼にあった「テアトル銀映」も取り壊されて駐車場です。
映画館の手前にあった稲荷神社だけは残っています。
002122.jpg 009122.jpg 
今でも山崎氏は義理堅く、母校の式典などの講演会に来てくれています。

中学校の創立60周年式典では、「いつかは映画監督になりたいという強い気持ちがあった
から夢がかないました。皆さんも、大きな夢を持って下さい」という話をされました。

また、母校の縣陵90周年式典で山崎氏は「高校生活でハメをはずすのも大切で、
勉強以外のつきあいが社会に出てから大事」という楽しい話をしてくれました。 
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-