河童橋と芥川賞

上高地行きのバスに乗り、大正池のバス停で降りました。

大正池は大正4年(1915年)6月、焼岳の噴火によって、梓川が
せき止められて出来た池です。

今年でちょうど100年になりますが、土砂の流入によって、年々縮小しています▼
001531.jpg
明治42年、17歳で旧制中学生だった芥川龍之介が、槍ヶ岳登山に向かうため
上高地を通りました。
その時、この池は、まだありませんでした。
雲が立ち込める穂高連峰を背景に、幻想的な大正池▼
007621.jpg 
芥川は大正池ができた後の、大正9年に「槍ヶ嶽紀行」という作品を発表。

どうも槍ヶ岳山頂までは行けなかったらしいですが、その時の
思い出が後に「河童」いう作品につながったようです。
河童橋に向かう途中に、田代池があります▼
024623.jpg 
芥川が昭和2年(1927年)に発表した小説「河童」を読み返してみました。

主人公は「第二十三号」という精神病患者です。
彼は穂高山へ行った時の河童との出会いについて語っていきます。
027621.jpg 
河童を追いかけて行くと河童の国へ迷い込んでしまいました!
その国は、人間とは真逆の価値観の世界でした。

色んな登場人物が、人間社会を風刺するように描かれています。
029621.jpg 
作中、主人公は梓川▲をさかのぼって行きます。

「河童」を発表した年に、芥川は自殺。享年35でした。
芥川の命日は河童忌と称されています。
049621.jpg 
芥川の死の8年後、親友で文芸春秋社主・菊池寛が芥川賞を設けました。

芥川賞といえば、今年、お笑いコンビ・ピースの又吉さんが書いた
「火花」が候補作になり話題となっていますね☆

051621.jpg 117621.jpg
ほぼ日刊イトイ新聞で、糸井さんが又吉さんと対談して、絶賛していました。

「火花」は、売れない芸人たちの青春の火花が描かれています。
笑いを突き詰める先輩芸人の狂気は、まるで芥川の「河童」に登場
しそうなキャラクターです。
126621.jpg 
芥川が旧制中学の頃、初代の「河童橋」が架かっていましたが、
その後4回架け替えられて5代目です▲

橋の名称は、芥川が来る前から河童橋で、そこからイメージを
膨らませて小説にしていったのでしょう。
131621.jpg
橋の名称の由来は
・河童が棲みそうな淵があった
・橋が無い頃、頭に着物を載せて川を渡る人々が河童に見えたから
などの説があります‥
スポンサーサイト

ウェストンの上高地

信州・松本を流れる梓川沿いの風物を取り上げてまいりました。

さらに、梓川の上流を目指して上高地行のバスに乗りました。
かつては、徳本峠を踏み越えて、ようやくたどり着いた上高地です▼
120631.jpg  
イギリス人宣教師ウォルター・ウェストンは、明治24年(1891年)以降、
日本各地の山や日本アルプスを登り、「日本近代登山の父」と呼ばれます。


明治26年(1893年)に、ウェストンは上条嘉門次(かもんじ)という案内人の
猟師と共に穂高岳を登りました。
037602.jpg 
上高地温泉ホテルの近くにウェストンのレリーフがあります▲

毎年6月の第一日曜日には「ウェストン祭」の式典が行われます。
ウェストン園地近くから眺める霞沢岳~六百山と梓川▼
035602.jpg 
穂高岳に登る予定日に大雨にたたられたウェストンは、晴れるのを待って
逗留する間、案内人の嘉門次から民話や体験談を聞かせてもらいます。

その中に、前回取り上げた「雑炊橋」の昔話もあり、著書の「日本アルプス
の登山と探検
」に橋の写真入りで記されています。
075602.jpg 074602.jpg
明神池(みょうじんいけ)近くに「嘉門次小屋」が営業中▲
ウェストンも嘉門次が釣ったイワナを食べました。

穂高神社奥宮の神域である明神池の向こうに明神岳▼
064602.jpg  
ウェストンと嘉門次は花崗岩の険しい穂高岳へ登頂しますが
下りる途中、地蜂の巣を踏んで刺され、泣きっ面に蜂の目に遭いました。

ウェストンの著書の中に「嘉門次の狩小屋は、静かな池の水際に
絵のように美しい感じに建てられていた」と書かれています。
073642.jpg 070642.jpg  
小屋の仲間は「ウェストンが蜂に刺されたのは、神なる境内を侵した
祟りに違いない」と、柏手を打って祈祷をしたそうです。

「『おまじないをしたから、朝になれば治ります』と言われたものの
効き目は無かった」と、イギリス人らしい言い回しで書いています。

040603.jpg 
ウェストン園地近くで見かけたサル▲
今でこそ観光客で賑やかな上高地ですが、明治時代中期に穂高岳・槍ヶ岳
に登頂するのは、勇気の要る大冒険だったはずです。
083603.jpg
ウェストンは1896年に前述の著書をイギリスで出版して、日本アルプスの姿を
広く海外に紹介しました。
著書を読むと、当時の庶民の様子が目に浮かぶようです☆
123604.jpg 
各地で火山噴火、地震が相次いでいますが、焼岳▲の噴火の気配は
ありませんでした。
この日は大正池のバス停で降りて、徳沢キャンプ場まで歩いたので
後日、紹介しましょう‥

雑炊橋の昔話

長野県松本市を流れる梓川沿いには、いくつかの民話が残っています。
その一つに「雑炊橋」の昔話があります。

現在は近代的な吊り橋になっている雑炊橋まで行ってみました▼
002516.jpg 
場所は梓川を遡るように国道158号線(野麦街道)を進み、市役所安曇支所を
過ぎた辺りに橋場地区へ行く道があり、橋が架かっています。
両岸が峡谷なので、昔から刎木(はねき)を結んだ橋を架けていたそうです。
014516.jpg  
この橋にまつわる伝説があります。
‥「昔々、川の両岸の島々と橋場の集落の間は、岩がそそり立った
深い谷のため、橋がありませんでした。
両岸に分れて住んでいた阿部清兵衛とお節が恋仲になりました。

005516.jpg 007516.jpg
2人は逢えるように橋を架けようと考え、清兵衛は雑司(雑役夫)となって懸命に働き
お節は三度の食事も雑炊をすすって節約をして、お金を貯めました。

貯めたお金で材木を買い、両岸から刎木を重ねて橋を架け始めました。
刎木をまん中で結び、島々と橋場の間に初めて橋が架かりました。
018516.jpg 
2人は毎日逢えるようになり、村人も便利になって喜びました。

その後、両岸の村人たちによって、12年に一度の寅年に架け替えられるようになりました。
渡り初めの際は、清兵衛とお節を模した人形を、材木の先に立てて、人形を
互いに渡す儀式が行われ、雑炊を出してお祭り騒ぎをしましたとさ
‥」
002536.jpg
清兵衛とお節の人形の頭部が、今でも松本市梓川地区にある「大宮熱田神社」▲に
保存されているとの事☆
大宮熱田神社は梓川の守護神を奉ったのが始まりで、境内には名古屋から
お迎えした熱田大神など、色んな神様が祀られています。
 017536.jpg
うっそうとした神社の中に、様々な御神木が立っています。

ネズコの木▼は、一番古く、樹齢1000年以上と推定されるそうです。
松と杉が寄り添うように生えた「仲良し縁結びの木」もあります▼
009521.jpg 006521.jpg
熱田神社から北へ足を伸ばして「七日山(なのかやま)石仏群」も、見に行きました。

金毘羅宮からの参道に、88体の石仏が置かれています。
木漏れ日の下で、江戸時代の石仏がたたずんでいます。
021551.jpg  
さて、雑炊橋から、さらに梓川を遡り、「風穴(ふうけつ)の里」という道の駅で休憩しました。

風穴は北アルプスの地下水によって冷やされた風が、地上に出る穴で、
天然の冷蔵庫として、今でも酒造会社などで利用されています▼
019551.jpg 
風穴の里に近い安曇資料館には、江戸時代の雑炊橋の模型が展示してあります!

リンゴの花<梓川~波田

松本市の梓川地区はリンゴの栽培が盛んです。

名前の通り梓川に沿った地域で、2005年の町村合併前は梓川村でした。
梓川に架かる下島橋にはリンゴの装飾がしてあります▼
019555.jpg  
梓川の右岸は2010年まで波田町でしたが、現在は合併により松本市になっています。

波田地区はスイカの産地で、下島橋にはスイカの装飾が付いています☆
波田の方でもリンゴ果樹園は多く、5月の初めに一気にリンゴの花が咲きました▼
048508.jpg 
向こうに見える建物はアクトホールという文化センター▲
農作業がしやすいように、枝を下の方へ歪化させたリンゴの木々に
満開の白い花が壮観!
046505.jpg
リンゴの栽培はこれから摘花作業で、中心花を残して回りの花を摘みます。
波田周辺は梓川の河岸段丘の上に乗っかっています。
053509.jpg  
近くの梓川高校の裏あたりから見下ろすと、浸食された河岸に果樹園などの
農地が広がっています▲
梓川から取水して灌漑用水にしていることが分ります。
050545.jpg 
田んぼにも水が張られて、水鏡となってリンゴの花を映していました☆
果樹園を抜けて、川の土手へ行ってみました。
044505.jpg 
若葉を渡るそよ風も、花の香りに満ちています♪
梓川の堤防から逆に、波田の街を眺めて▼
034505.jpg 
リンゴを唄った曲は、最近ではコブクロの「リンゴの花」など、色々ありますね。
敗戦後の日本を元気づけたという「赤い~リンゴに唇寄せて」という曲もありました♪
029505.jpg 
そして、リンゴの花を見ていると美空ひばりの「リンゴ追分」のメロディーが浮かびます。
リンゴの花びらが~風に散ったよな」という曲を調べてみると、
ひばりさんが中学3年の時、ラジオ番組の主題歌として唄った‥とのこと!
042505.jpg  
のどかな曲調なので、NHKラジオの「ひるのいこい」的な歌かと
思っていましたが、歌詞の台詞を読むと違いました。
リンゴが白い花びらを散らす頃、おらあ、あの頃東京で
死んだお母ちゃんのことを想い出すって、おらあ、おらあ
‥」
001505.jpg 
リンゴのツボミはピンク色で、白く花が咲くと、あっという間に散ってしまいます。

梓川の桜ウオークと岩岡神社

槍ヶ岳に源を発し松本市を流れる梓川(あずさがわ)の河畔には、桜が
たくさん植えられています。

毎年、観光協会が「梓川・桜ウオーク」という、桜を見ながら歩くイベント
を開催しているほどです☆              中央橋▼
076419.jpg  
2015年の桜ウオークは4月18・19日でしたが、満開の後、
雨が続いて一気に桜が散ってしまいました。
4月17日に撮った写真を紹介します▼
063422.jpg 040422.jpg
中央橋から倭橋(やまとばし)に向かって堤防を歩きました。

ウオークイベントは、波田体育館からスタートして、中央橋を渡って折り返し、
「新島々駅」近くまで行って戻って来る20kmコースなどがあります。
050439.jpg  
晴れた日は山なみにも目が行きますが、まず目に入るのは
北アルプスの常念岳▼
 044419.jpg
残雪の峰々を背景にした桜並木は、絶景の撮影ポイント!

ほとんど舗装してない道で、歩いた分だけ桜を見ることができます☆
梓川の両岸は、田や畑が多く、のどかな田園風景が広がっています。
049449.jpg 
上高地を通って流れる梓川は、この先で木曽から北流する奈良井川と
合流し日本海に向かいます。

東には美ヶ原などの山々が、ぼんやりと見えました▼
071319.jpg
土手が傾斜しているので、畑に覆いかぶさるように咲く桜▼
畑をうるおす春の用水路もサラサラ流れています♪
066421.jpg 
河川敷から見上げると、空を覆うように桜が枝を広げています。
倭橋まで行って引き返しました。
072421.jpg 073421.jpg
中央橋のたもとに梓川の神様を祀る「岩岡神社」があります。

梓川の恵みは広大であるものの、時には氾濫して災害を起こします。
この郷の川底は、大きな岩盤が覆っているため、氾濫を抑えてくれています。
015422.jpg 
岩岡神社は、桜のトンネルの参道▲
岩盤の大岩を岩明神として讃えた神社です!
028422.jpg 
岩岡神社参道の桜の古木と松、そして常念岳▲

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-