弘法山古墳の桜<アニメ「orange」

昨年の12月に劇場公開された映画「orange-オレンジ-」が、
2016年夏に、テレビアニメとなって放送されます!
長野県松本市に住む高校生たちの青春純愛ストーリーです☆

原作の漫画にも描かれた弘法山古墳の桜を見に行きました▼
005447.jpg
遠景で見る弘法山は、全体が桜餅ドームのように、こんもりと桜色♪

山頂に向かうルートは2つあるのですが、急斜面の北東側から登りました▼
「さくら祭」の提灯が掛けられ、桜のトンネルをくぐっていきます。
054447.jpg
3~4世紀頃の古墳で、30年くらい前から桜が植えられてきました。
今では、「死んでしまった友人に見せたかった」と思うくらいの桜です。  
043447.jpg 014440.jpg
原作では、自殺した翔(かける)という同級生に、「10年後の4月23日、弘法山の桜を
一緒に見ませんか」と、未来から過去へ手紙を書きます。

2016年は、桜の開花が早く、4月10日頃が満開になりそう。
015447.jpg
映画「orange」は、土屋太鳳さんがヒロインの菜穂を演じ、クライマックスでは
想いを寄せていた翔も一緒に、弘法山の桜吹雪の中、夕陽を眺めました‥022447.jpg
原作の漫画第5巻の表紙も、弘法山から夕陽を眺める絵で、表は高校生、
裏は26歳になった姿が描かれています。

この日も、多くの花見客が弁当を広げたり、写真を撮っていました。
030447.jpg
山頂からの眺望は抜群で、松本市盆地のパノラマが眺められます。
桜越しに見る北アルプスも素晴らしく、足元を取り囲むようにボワッと咲いている桜も
珍しいかもしれません。
027447.jpg
日当たりなどによって、咲き具合がずれるので、しばらく桜が楽しめそうです。
山頂を下っていく両脇の斜面も、桜に覆われています。
038447.jpg
4月10日には、太鼓をたたいたり甘酒をふるまったりするようです。
古墳の南側入口にたどり着きました▼
036447.jpg 039447.jpg
アニメ版の「orange」は、映画よりも忠実に、松本の風景が描かれそうです。
松本城▼を始め、あがたの森や四柱神社・ナワテ通りも出てくるでしょう。
043410.jpg
松本城周辺の桜も満開で、お堀を覆うように咲いていました。
映画で通学路のロケ地になったお堀沿いも、桜の香りが漂っていました▼
036410.jpg

スポンサーサイト

orange-オレンジ-ロケ地(3)

2016年、あけましておめでとうございます!
「orange-オレンジ-」を映画館で観ました。

すでに原作の漫画全5巻も読んでいて、ロケ地もある程度分かっていたのですが、
実際の撮影場所を探してみました。

まず、オープニングで桜並木を菜穂(土屋太鳳さん)が歩くシーンは
松本市の城山公園でした▼               桜の咲くころ撮った写真▼
0131225.jpg 0271225.jpg
10年後に、菜穂と須和が手紙を埋めた場所も城山公園▼
0021225.jpg 0051225.jpg
翔(山崎賢人さん)が車にひかれそうになるシーンは、公園から下っていくカーブでした▼
翔の死を食い止め、皆で大泣きするシーンの時、須和の熱演で唾が
翔の髪にかかっていたのが気になりました。

0091225.jpg 0071225.jpg
予告映像には、大手1丁目の交差点で轢かれる映像がありましたが、カットされています。
通学路として「あがたの森」が印象的でした▼
0101220.jpg
翔を連れて、ここを歩きながら「弘法山の桜は下にボウッと咲いている」 と
話しながら、ひげダンスしていました。
その弘法山の上で、10年後に仲間が集まって、オレンジ色の夕陽を
眺めるシーンが撮影されました▼

0131218.jpg
翔が生き残ったパラレルワールドでは、「翔と一緒に桜の舞い散る弘法山に
登る」のが、クライマックスとなりました。

その撮影場所は、弘法山ではなく、伊那高原だったようです。
0261226.jpg
こちらは▲4月に撮った弘法山の桜☆

菜穂が神社で、翔の悩みを聞き出そうとする場面がありました。
そのロケ地は、松本市里山辺にある須々岐水神社(すすきがわじんじゃ)▼
0161229.jpg
鐘を鳴らす鈴緒が、赤の交じった特徴的な縄でした。
お参りした後、突然の雨になり、二人で神楽殿に腰かけて▼
菜穂は翔の亡くなった母の事を聞き出そうとします。
0231229.jpg 0191229.jpg
2015年9月1日から10月11日まで撮影が行われ、松本市で17カ所
安曇野市や塩尻市で4カ所など、ロケ地はすべて長野県内。

松本城では、通常門が閉まっている▼お堀の入口を歩くシーンがありました。
004103.jpg 012103.jpg
延べ約2800人が、エキストラ出演したとの事。
また、映画に登場するパンや花束も、地元のお店が提供しています。
ロケ地を歩けば、オレンジの物語に浸れます☆
008103.jpg
原作コミック第4巻の表紙は、朱塗りの埋橋と天守閣が背景ですね▲

orange-オレンジ-ロケ地めぐり(2)

映画「orange-オレンジ-」が、12月12日からロードショー!

話題のドラマ「下町ロケット」で、娘役を演じている土屋太鳳さんが
ヒロインの青春純愛ストーリー☆

原作の漫画と同様、長野県松本市の風景が登場します。

前回の続きで、漫画に出てくる場所、映画のロケ地を歩いてみました。
0081211.jpg 0261211.jpg
まず、太鳳さんが演じる菜穂は▲松本の城山公園近くに住んでいるという設定。

菜穂は、東京から来た転校生・翔(かける)に、「城山公園に行ってみたい」と言われ
連れて行って、展望台に登ります。
0211211.jpg
翔は「作ってくれたお弁当のお返し」と言って、菜穂にヘアピンをプレゼントします。
公開後、映画を観ところ、このヘアピンのエピソードは、カットされていました。
0251211.jpg
撮影は秋でしたが、12月の今、北アルプスの山々は白く冠雪しています。
城山公園から車道を通らず下っていく小道も、風景の一つとして
漫画でトレースされていまが、映画には映りませんでした▼
0221212.jpg
映画「orange-オレンジ-」の撮影は、9月1日に長野県飯田市でのロケから
始まりました。

旧飯田工業高校が校舎内ロケに使われたそうです。
0181212.jpg
他に、塩尻市の▲田川高校、安曇野市の明科高校、茅野市の御射鹿(みしゃか)池
でも撮影されました。
飯田市の下伊那農業高校の生徒など、地元高校生が1日につき
50人ほどがエキストラで出演したとのこと☆
ロケ地ではないですが、原作の漫画に登場する、薄川の「見晴橋」▼
0441212.jpg
見晴橋のたもとに、松商学園高校の土手グラウンドがあります▼
色は違うものの、松商学園の制服と、「オレンジ」のブレザーは似ています。
0501212.jpg
翔に松本の名所を紹介したり、「パルコに行こう」と、話しかけるシーンもあります。
松本パルコの辺りも、今は、すっかりクリスマス・ムード▼
0031212.jpg

映画「orange-オレンジ-」の舞台・ロケ地(1)

オール長野県でロケが行われた、映画「オレンジ」が12月12日ロードショー!

松本市在住の漫画家・高野苺さん原作の漫画の実写映画化です。
物語は、高校2年生の春、10年後の自分から手紙が届くところから始まります。
0711128.jpg 0531128.jpg
ヒロインの高宮菜穂役に、NHK朝ドラ「まれ」の土屋太鳳さん、菜穂が想いを寄せる
転校生・成瀬翔(かける)役を、「まれ」で共演した山崎賢人さんが演じます。

映画のパンフレットに▲ベンチで3人並んでいる写真がありますが、
松本市の「あがたの森公園」で、撮影されました☆
0051129.jpg
紅葉が残る11月上旬、漫画&映画「オレンジ」の舞台となった場所・ロケ地を
訪ねました。
まず、原作の漫画にたびたび登場する「あがたの森公園」▼
旧制松本高校の あった場所が公園になっていて、旧制高校の校舎を保存しています。
0111129.jpg
16歳の春、菜穂に「どうしても、叶えてほしいお願いがあって、10年後の未来から手紙を
書いています
」という一通の手紙が届きます。
同じ間違いを繰り返さないように、これから起こる出来事と、その時に選んでほしい
道を書いておきます

0151129.jpg
そして、その手紙に書かれた通り、東京から転校生・翔がやってきます。
26歳の今年、後悔していることがたくさんあります。10年後、翔は
ここにいません。大切なものを失わないで!

母を自殺で失った翔は、お弁当を持たずに、登校しています。
0201129.jpg 0241129.jpg
菜穂は、手紙に書かれた「お願い」の通り、あがたの森の「あずまや」で▲
初めて翔に手作り弁当を手渡しました。
翔は17歳の冬、自転車に乗って車に激突して亡くなります。
0311129.jpg
私たちが後悔していることは、翔は救えたということ‥

第1巻と2巻の表紙は、あがたの森のベンチで、第3巻は四柱神社の
前に架かる幸橋の横を3人が談笑して通る絵です▼
0291129.jpg
9月の中旬、ナワテ通り周辺でロケがあり、土屋太鳳さん他、同級生やエキストラが
浴衣を着て夏祭りのシーンが撮影されました。

ナワテ通りにあるタイ焼きやさんで▼タイ焼きをほうばる場面も撮影あり。
0401201.jpg 0351201.jpg
ちなみにタイ焼きを売る店員さん役に、テレビ信州の原山アナウンサーが
出演しているようです。
というのも、原作の漫画に「俺、ゆうがたGET!」見なきゃだから」という
セリフがあり、それが縁で、と番組で言っていました。
0331201.jpg 0271201.jpg
そのシーンだけでも見たいので、映画館に行こうと思います。
漫画第1巻LETTER3の巻頭画は、ナワテ通りの「中の橋」の上でタイ焼きを
食べている絵ですね▼
0251201.jpg

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-