FC2ブログ

軽井沢から碓氷峠越え

軽井沢から碓氷峠を越えて、旧中山道を辿りました。
旧軽井沢通りからスタートし、ショー記念礼拝堂の前へ▼
DSC05065.jpg
ショーも初めて軽井沢に来た際は、旧碓氷峠を歩いて越えました。
礼拝堂の先にある、矢ヶ崎川に架かる橋を渡ります。
DSC04991.jpg 
軽井沢宿の飯盛女が客を見送り、この橋で二手に分かれたので
二手橋という名がつけられたそうです。
DSC050633.jpg 
「上信越高原国立公園・碓氷峠」と表示された岩があり、峠に向かいました▲
DSC05062.jpg 
遊覧歩道の標識の方へ進み、木々の間を抜けるように歩きました。
見晴台にたどり着き、一休みして景色を眺めました▼
DSC05015.jpg  
かつて城山と呼ばれた見晴台の中央で、長野と群馬の県境が通っています▲
DSC050241.jpg 
左手には雄大な浅間山がすそ野を広げています▲
DSC050271.jpg 
左手には関東平野が見えます▲
DSC050281.jpg 
妙義連峰のゴツゴツした奇勝▲
DSC04993.jpg 
旧中山道の峠道という標識の前に来ました▲
峠の茶屋は「力餅」が名物で、店内に県境が通っています▼
DSC050131.jpg 
茶屋の向かいにある熊野皇大神社をお参りしました▼
DSC04994.jpg 
お宮の中央が県境になっています☆
DSC049961.jpg
お賽銭箱も両県1つずつあり、群馬県側は熊野神社になっています▲
DSC050031.jpg 
ご神木の立派な「しなの木」▲
DSC050521.jpg 
神社の先の「Nakasenndou」の表示された道を進みました▲
DSC050531.jpg
石の祠が並んでいます▲
DSC050541.jpg 
上州路を行くと「坂本宿まで8.5km」という道標▲
DSC050581.jpg  
この先は、長坂道と記された氷の残る山道でした。
スポンサーサイト



奈良井宿から鳥居峠越え

 江戸時代、五街道の一つとして整備された中山道。
長野県内には旧道の面影が、ところどころに残っています。

風薫る5月、中山道・奈良井宿から鳥居峠を歩きました!
宿場町を南へ通り抜けると、鳥居峠の上りが始まります▼
002520.jpg
現在、奈良井宿と薮原宿の間は、国道19号線がありますが
江戸時代は、この峠を通るしかなかったようです。
国道はトンネルを通っていて、そのおかげもあって、原形を
とどめたまま峠道が残っています▼
007520.jpg 
石畳は花崗岩を埋め込んで復元したもの▲
分水嶺の峠でもあり、峠の北側の水は日本海に向かい
南側は木曽川になって太平洋へと流れます。

009541.jpg
黄色いヤマブキや、可憐な山野草が咲く間を登っていきました。
登りきると「峰の茶屋跡」の小屋があり▼湧水が流れています▼
025541.jpg 027541.jpg 
崖沿いの道を歩いて行くと、谷に向かって何本か栃(とち)の古木が
並んでいます▼
「天然記念物のトチノキ群」で、「子産みの栃」の伝説があります。
035541.jpg 
この栃の洞の中に捨て子がいて、子宝に恵まれない村人が
引き取って育てたところ、孝養を尽くし、一家繁盛したという伝承です!
この栃の実を煎じて飲めば子宝に恵まれるという言い伝えがあります☆
033531.jpg 041541.jpg 
さらに南へと進むと、御嶽神社・芭蕉句碑などの石碑があり▲
木曽義仲硯水などのスポットがあります。
038541.jpg 044541.jpg 
松尾芭蕉以外にも、鳥居峠を書いた文人は多く、菊池寛の
「恩讐の彼方へ」にも出てきます。
ここから先は、藪原への下り坂になります。
058541.jpg
石畳の両脇に、ニリンソウの花が群生して咲いていました。
清浄な水の近くに咲く、可憐な白い花を愛でながら
新緑の萌えるような緑の下を歩きました♪
056541.jpg 
奈良井宿に戻り、振り返ると鳥居峠の緑が見えました▼
旅人にとって心から休息できる宿だったことでしょう‥
074523.jpg 



岩村田宿を歩いて

今まで今まで行ったことのなかった町も歩いてみようと
旧中山道(なかせんどう)ウォーキングをしました。

江戸時代、中山道は江戸・日本橋から武州、上州、信濃
美濃、近江を経て京都・三条大橋までを結ぶ幹線道路でした。

今回は江戸から22番目の宿場があった信州・岩村田宿を歩きました!
028318.jpg
まず、京都の文化が垣間見られる鼻顔稲荷(はなづらいなり)神社
に立ち寄りました▲
伏見神社から勧進され、清水寺の舞台を思わせる懸崖造りの
本殿が、湯川の岸に建っています。
056319.jpg 
参道には伏見神社ほどの数ではないものの、朱色の鳥居が並んでいます▲
一応、日本5大稲荷の一つだそうです☆
042319.jpg 039319.jpg 
本殿の右手に「御姿殿」があって、巻物をくわえたキツネがお出迎え▲
合格祈願の絵馬や、千羽鶴がかかっていました。
045319.jpg 043320.jpg 
岩村田は佐久地方の城下町として栄え、古くから酒造りが行われてきました。
佐久地方13件の蔵元の地酒が奉納されています▲
053318.jpg 
神社一帯は鼻顔公園になっていて、遊具もあります▲
公園の北には、浅間山が間近に開けています☆

湯川に架かる紅い橋を渡って、西へ歩いて行くと旧中山道に突き当たります。
058340.jpg 059340.jpg 
かつての宿場町は、南北に伸びる岩村田商店街となっています▲

佐久甲州街道分去れの碑が残り、他にも善光寺道、下仁田街道が
分岐する交通の要所でした。

005340.jpg  
商店街から西へ入った所に、旧岩村田藩主の菩提寺だった西念寺があります▲

商店街は、昭和レトロの雰囲気が残り、「いわんだゴールデン街」と
いう横丁があります。
003318.jpg
岩村田駅の隣に、北陸新幹線が乗り入れる「佐久平駅」ができて
商店街の客足が減ってしまったようです。

次に、武田信玄が中興開山したという龍雲寺に寄りました▼
018321.jpg 
北信濃や西上州進出の拠点とした寺です。
信玄の遺骨が発掘されたとのことで、奥に信玄廟があります▼
010321.jpg 014321.jpg 
イオンモールや大型チェーン店が続々と建つ佐久平駅に、賑わいは奪われたものの
岩村田には文化が残り、特に佐久長聖高校など、学問のおひざ元です☆

龍雲寺から東へ歩いて、王城公園に行きました▼
023318.jpg 
周囲からも目立つケヤキの巨木を拝んで、岩村田を後にしました‥
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-