信濃大町<塩の道(14)

台風が次々とやってきて、今年のシルバーウィークは、天候の優れない日が続きました。
塩の道「千国街道」を、途切れ途切れに歩いて1年になりますが、
お彼岸の頃、そぼ降る雨の大町市街を歩きました。

JR大糸線・信濃大町駅の北の踏切を渡り、五日町の角を博物館通りで左折▼
048921.jpg 
荷継の宿場町として栄えた大町の塩問屋だった平林家を
博物館にした、「塩の道ちょうじや」という建物があります▼ 
007922.jpg 
午後4時に、日本海の生魚を積んで糸魚川を出発し、翌日午後4時か、翌々日の
朝7時に大町まで届ける、「大急」という便がありました。

大急便は、大町で人夫を交替し、午後5時に出発して、翌朝7時に
松本に荷を届けました。
045922.jpg 
塩魚は3~4日かけて大町に運ぶ便がありました。
塩などの保存のきく荷物は、糸魚川から5~6日かけて、大町にやってきました。
043932.jpg 152922.jpg  
明治時代に改築されたままの母屋は、高い天井の梁組が見事で
2階には塩の道に関する資料が展示されています。
写真撮影OKということなので、館内を撮りました。
126922.jpg 102922.jpg
麻や塩の問屋で、味噌や醤油も作っていた商家の帳場が残っています▲
塩や荷物を運ぶ牛方・馬方や旅芸人、托鉢僧をはじめ庶民が歩く道でした。
118923.jpg 125923.jpg
塩荷を店前で牛馬の背から下ろし、大八車に積み替えて、奥の塩蔵
まで運びました▼
その塩はほとんど粗塩で、湿気を吸って苦汁(にがり)の液が出ました。
146923.jpg 139923.jpg 
塩の入れ物は、俵や定型のカマスを使い、塩荷を積む場所には、「苦汁だめ」
の仕掛けが残っています。
味噌・醤油、さらに漬物を作っていた当時の、漬物蔵もあります▼
135923.jpg 
館内では各種企画展が開催され、現在、華道家・假屋崎省吾さんの花が展示されています!
「ボッカ(歩荷)の衣装を着てみよう」、というコーナーもありました▼
137923.jpg 149923.jpg 
戦国時代、上杉謙信と武田信玄が川中島で戦っていたころ、山国信濃は塩の流入を
止められ苦しんでいました。
これを知った謙信は、「戦いは弓矢でするもの」と言って塩を送りました。

155926.jpg 132926.jpg 
新年、大町に塩が届いた時、盛大に塩市を開いたと伝えられます。

塩はやがて飴に変わり、市神様が祭られ▲縁起物やだるま、福飴などが売られます☆
塩の道ちょうじやを後にして、国道147号線沿いの大町アーケードを歩きます。
013926.jpg
大町は、女子バドミントン選手・奥原希望(のぞみ)選手の出身地で、あちこちに▲
「リオ・オリンピック銅メダルおめでとう」というポスターが貼られていました。

010926.jpg 
大町には湧水があり、商店街の西側は、「男清水(おとこみず)」▲
東側は「女清水」が、町を潤しています。
九日町の町屋風景▼
015927.jpg 028927.jpg
道が分かれる「大黒町追分」に庚申塔があり、「右 善光寺道」と刻まれています▲

その先に、江戸時代末期に建立された大黒天の石像があります。
大黒天と並んでシダレ桜があり、こちらは今年4月17日に撮った写真▼
023927.jpg 013927.jpg
スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-