白馬の千国街道<塩の道(15)

日本海と信州を結ぶ交易路だった千国街道の中でも
白馬村は、荘厳な白馬連峰を仰ぎ見る区間です。

塩の道と呼ばれる千国街道を歩いてきましたが、今回は
JR大糸線・白馬駅付近から松川橋を渡り、北へ向かいます。

021118.jpg
白馬高校の裏道を通って行くと、まだ雪の無い八方尾根スキー場が見えてきます▲
撮影した10月30日、まだ冠雪前の峰々を眺めつつ、松川橋を渡りました▼
0271118.jpg 
国道148号線沿いを北上して、白馬岩岳スキー場方面に行く道を歩きます▼

白馬村内の「塩の道」は、南から「白馬五竜」「八方尾根」「岩岳」と続く
スキー場のふもとを通って、小谷村へ向かいます。
031120.jpg
新田の集落に入っていくと、「庄屋まるはち」というカフェ・レストランがあります▼
豪商・横澤家の築160年の屋敷を改築した、歴史的古民家です☆
034120.jpg 106120.jpg 
生活用水路が流れる古道沿いを進むと、水車小屋があります。
この周辺は石仏・道祖神や薬師堂など、多くの史跡が残っています。
037138.jpg 0391138.jpg  
道が何度も折れ曲がるため、古道をたどるのが難しく、3回挑戦して
ようやく経路がつながってきました。
首切り坂と呼ばれているらしい坂を登ります▼
047138.jpg 051120.jpg 
観音原石仏群があり、187体の石仏が内側を向いて、ぐるりと並んでいます▼
石仏群としては、塩の道随一の場所で、観音信仰の深さと広がりが解る聖地☆
057148.jpg 
造立年代は、江戸末期で、西国・坂東・秩父の百体観音が揃っているそうです。
形も大きさもまちまちですが、おだやかな表情に癒されます。
053148.jpg 
岩岳の麓を通る塩の道沿いには、現在、「塩の道温泉」があり
民宿やペンションが並んでいます▼
062120.jpg 064120.jpg 
その先で道が交差して、切久保庚申塚に突き当たります▼
庚申塚とは、集落に役病や魔物が入るのを防ぐもので、
これが村で一番古い塚とのこと。
071148.jpg 
道なりに歩いて行くと▼切久保諏訪神社(霧降宮)があります。
「七道の面」「薙鎌」などの社宝を有しています。
075120.jpg 098120.jpg 
霧降宮の先で、一旦、県道433号線に出て、小さな渓谷に架かる
瀬田橋の手前で、古道に分け入っていきます。
橋の下の岩場に洞窟があるようで、「おかるの穴」という嫁姑の不仲に
まつわる話が残っています。

094120.jpg 
『おかるという名の嫁が、霧降宮にある七道の面をかぶって、姑をおどしたが
顔から面が取れなくなって、洞穴に身を隠した』と伝えられる民話です。

「おかるの穴」の案内板から続く山道を登っていくと、石の道標があります▼
103122.jpg 101122.jpg 
「右ゑちご 左やま道」と刻まれた落倉道標です。
明治20年頃まで、人々は物資を背負い、牛や馬の背に荷を積んで
この道を行き来しました。
100122.jpg 
塩の道は、今も生活道路として使われている道もあれば、
開発によって消えたり、迂回した道もあります。
白馬村の塩の道も、ほとんどが舗装された道路歩きですが
自然と歴史の道としての魅力が残っています。

090122.jpg 
晩秋の塩の道歩きは快適で、落ち葉をサクサク踏みしめながら、
紅葉のトンネルをくぐって進みます。
視界が開けて、再び433号線に出たところに駐車スペースがあります▼
086132.jpg 082132.jpg 
県道の向かい側に「風切地蔵」が鎮座しています▼
このお地蔵さまは、大風や悪魔・病魔の風を断ち切る力があると
言い伝えられています。
080122.jpg 
この先で小谷村に入り、栂池高原スキー場のふもとを歩く道になります。
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-