長寿まんじゅうと浦島太郎の伝説@木曽

2009年の「敬老の日」は9月21日(月)です。

少子高齢化の現在、各地域で「祝・敬老会」を行う町内会が多いようです。


当店でも、[祝]の焼印を付いた紅白まんじゅうのご注文を承りました。

また、毎年「長寿まんじゅう」という薯蕷(上用)まんじゅうを作ります。

DSC01929.jpg DSC01920.jpg

長寿といえば 『浦島太郎が玉手箱を開けると300歳のおじいさんになって

しまいましたとさ‥』 という説話がありますね。


信州・木曽の「寝覚めの床」にも、浦島太郎伝説があります。

DSC01815.jpg 

浦島太郎が、京都府・丹後の「天の橋立」でカメを助けてやり

そのカメに連れられて、竜宮城に行った後の”おとぎ話”です。


帰ってみると家もなく、親族隣人もいず、さみしく木曽路にやってきました。

木曽川で釣りをしたりして暮らしていたところ、土産にもらった玉手箱を

開けて見たらば、いっぺんにお爺さんになってしまい、ビックリして目が覚めた。


目を覚ましたというので、ここを「寝覚」といいます。

DSC01806.jpg DSC01856.jpg

『浦島太郎は、ここに住むこともできなくなり、行方不明になったとさ‥』


太郎が竜宮から授かった弁財天の尊像や遺品を弔った臨川寺が、川の上にあります。

拝観料を払うと、左手に宝物館があり、浦島太郎の釣り竿などが陳列▲

境内を降りて、足場に気を付けながら『床のような岩』の奥の松林まで行きました。

DSC01842.jpg DSC01846.jpg

浦島堂という祠(祠)▲が建てられていています。   その内部▲

このようにファンタジックな奇勝です☆☆

 

                    あずさ堂小林    
 のホームページはこちら← 


スポンサーサイト

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-