坂の上の旧開智学校

 長野県松本市の「旧開智学校」は、石ノ森章太郎氏の「マンガ日本の歴史」で

文明開化の象徴の一つとして描かれています。


明治維新の後、西洋の文化風俗を導入する風潮が起こって、

ここ松本にも、擬洋風建築の校舎が建てられました。

 DSC05024.jpg

校舎は明治9年(1876年)に女鳥羽川のほとりに建てられて、1963年まで使われました。

重要文化財に指定され、松本城の北方に移転・修理‥教育博物館になっています。

DSC05052.jpg 

松本の町大工・棟梁が、擬洋風の研鑽を積んで設計・施工しました。

正面中央に唐破風の付いた車寄せが設けてあります。


その上部、「開智学校」の額を持つエンジェル▲は”醤油顔”で

左はウチの二男、右は『ウッチャン』に似ています。

DSC05053.jpg

彫刻の龍や波など、寺院建築の技法が、あちこちに見られます。


校舎内に入ると、彫刻の付いた▼「桟唐戸」があり、展示室には鬼瓦▼

といった文化財が色々‥

DSC05047.jpg DSC05032.jpg

明治時代の初め、城下町の建築文化を踏襲しつつ洋風化にチャレンジ!

坂の上の雲を見上げて歩き出した頃の香りがします☆

  DSC05037.jpg

 

スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-