はだしのゲンの時代~旧開智学校にて

松本市の開智小学校の北にある「旧開智学校」の見学をしました。

展示室に入ると建物の模型があります▼

DSC05039.jpg 

日本で最も古い小学校の一つで、現在は教育博物館として公開されています。


1880年(明治13年)、明治天皇が御巡幸の際、ご休憩に使われた部屋が

保存されていて▼竹編みの床に、金屏風の椅子が置かれています。

DSC05041.jpg DSC05140.jpg

他にも当時使用していた学童品の展示や、懐かしい感じの達磨ストーブがありました▲ 


教育資料もあって、明治初期の検定教科書を見ると、案外高レベルの内容です。

小学唱歌の表紙を見ると「伊澤修二 編」で、司馬遼太郎氏の文章を思い出しました。

「街道をゆく・台湾紀行」の中で、信州・高遠出身の伊澤氏を、ほめたたえています。

DSC05044.jpg

 昭和になって、次第にキナ臭くなり、その司馬氏が書きたくもない時代になります。


太平洋戦争の頃の検定教科書を見ると、「数の本」は戦車や戦闘機、

国語の「良い子供」は、兵隊さんに感謝する内容‥

それが1945年8月、敗戦となって文部省は戦争関係部分に墨を塗るよう指示▼

ふと、小学2年生で被爆した少年を描いたマンガ「はだしのゲン」を思い出しました。

DSC05043.jpg 

私がローティーンで初めて「はだしのゲン」を読んだ時の感想は、むごいのう(広島弁)」‥


人の親となった今、全巻読み直してみて、その奥に見えてきた事を3つ挙げると

(1)どんな困難にも「何くそ!」と負けない、麦のようなたくましさ

(2)”はだしのゲン”の主題は実は猛烈な家族愛、そして人間愛

(3)普遍性‥ゲンは国境や時代を越えた画家を目指す‥で物語は終わります。

DSC05045.jpg

映画「アバター」が大ヒット上映中のジェームズ・キャメロン監督の次回作が

その『原爆投下を扱ったもの?』いう報道もありました。


ゲンの普遍性が、彼のココロザシ通り世界に広がるかもしれません。

ただ、原爆の3D映像は「身につまされるけん、ワシゃ正視できんわい(広島弁)」

 

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-