安曇野のわさび田♪早春の詩情

 立春を過ぎたものの天候がすぐれず、寒い日が続きます。


春は名のみの風の寒さや♪」という『早春賦』の歌詞が浮かびます。

この曲は、信州安曇野あたりの情景をうたった歌とされています。

そんな早春の詩情を胸に、ワサビ田に行きました。

DSC04321.jpg   

大王わさび農場では、年間を通してワサビが収穫されていますが、

夏場は、日差しによる変色を防ぐために、黒い布で一面覆われます。


場内にある、ワサビの石造オブジェを▲見ても分かる通り、葉が「葵(あおい)」に

似ているため「山葵」と漢字表記しますね☆

DSC04325.jpg 

北アルプスが水を育て、湧水となってワサビ田をうるおしています。

涼やかな水を眺めて、次に浮かんだ詩は、さだサンの「木を植えた男」という名曲☆

この水が流れて、海に行き、海は水を癒し、空に返す♪というような歌で、

『土は水を清め、森は水を作る・・・私は木を植える、人の心に♪』

 DSC051441.jpg

2010年2月15日、朝から雪‥

「そろそろ、春の日差しが恋しいな」と思いながら、こんな詩が浮かびました。

"If winter comes, can spring be far behind?"

イギリスの詩人シェリーが書いた一節で、「冬来たりなば、春遠からじ」と訳されています。

DSC05143.jpg 

この一説は、日本でも諺のように使われて

『今は苦しくとも、やがて幸せな時はやってくる』という例えでしょうか‥

DSC01178.jpg

 こちらは、当店販売中~わさび餅です▲

 

          あずさ堂小林       
  のホームページはこちら ←


スポンサーサイト

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-