FC2ブログ

木曽路・妻籠宿の旅情

信州・木曽の「妻籠宿(つまごじゅく)」という「中山道(なかせんどう)」の宿場町に行きました。

江戸時代、江戸と京都を結んだ この官道は、某テレビ局アナウンサーが
「なかやまどう」と読み間違えるくらい、衰微しました。

妻籠では景観保全に取り組んで、江戸時代の宿場のたたずまいを復元・保存★
江戸時代の面影が残る、木曽路の観光スポット▼DSC07649.jpg
関所があった「口留番所跡」から、旅人の心で歩いてみました。
高札場▼という掲示板があって、江戸時代の幕府の「定」‥お触れ書です。
DSC07651.jpg  
この日は、木曽路も最高気温35度の暑さ‥水車が涼を誘っていました▲
19世紀初頭に建てられた長屋の「熊谷家住宅」▼が公開されています。
DSC07632.jpg DSC07634.jpg
囲炉裏を囲んで、家族の座る定位置が決まっていたようです。
味噌を作るための大豆を煮る鉄釜や、足踏み脱穀機などが置いてあります▲

道を下って行くと▼「脇本陣・奥谷」という博物館施設があります。
DSC07663.jpg DSC07647.jpg
奥谷家の土蔵の斜向かいにある「妻籠宿・本陣」は、作家「島崎藤村」の母の実家▲
延命地蔵堂▼から下は、寺下の町並みが続き、「上嵯峨屋」という木賃宿が復元▼
DSC07660.jpg DSC07656.jpg 
江戸時代の庶民は乾燥させたご飯を携帯して、宿で湯を沸かせて戻して食べる
その薪代が、木賃宿の宿代だったとの事‥

行く先々にコンビニがある現代と違って、何かと不便ですが旅情しみじみ☆ 
 DSC07658.jpg   
編み笠姿とすれ違い、振り返ってみるとイナセな郵便配達の方▲
思わずタイム スリップの妻籠宿♪


          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

スポンサーサイト



テーマ : お散歩お出かけ写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-