神様のカルテをめぐって(2)‥木曽の大橋・松本

信州・松本の地方病院を舞台にした小説「神様のカルテ」の続編が出ました!

松本市民には馴染み深い風景が描かれていて
ストーリーが目に浮かぶように読むことができました♪

「神様のカルテ2」の冒頭で、冬の美ヶ原に行くシーンがあります。
こちらは今年6月、美ヶ原・王ヶ鼻から見た▼御嶽山と、王ヶ頭(電波塔が立っています)▼
 DSC0677223.jpg DSC067722.jpg
現在、この小説の映画化が進行中で、主人公の内科医役は「嵐」の櫻井さん☆
松本市でのロケもありますが、どこが撮られているかは映画を見てのお楽しみ!

1作目に主人公の栗原一止が、奈良井宿にある病院に行く章があります。 
DSC08773.jpg 

先日、道の駅「奈良井木曽の大橋」▲で車を停めて、主人公と同じように木曽大橋を渡りました。
DSC08783.jpg DSC08777.jpg 
線路下をタイムトンネルのようにくぐって行くと、そこは江戸時代の中山道の情緒‥
小説の舞台である病院は、松本市の相澤(相沢)病院がモデルだと▼松本市民にはすぐ分ります。
DSC08777.jpg DSC07565.jpg 
相澤病院は、我が町の救急医療病院で、我が家の次男はこの病院で生まれ
長男が保育園の頃 、交通事故で運ばれました。
バンクーバーオリンピック銀メダリストの、小平奈緒選手が所属していると言えばピンと来るかも。

相澤病院から北へ一方通行の道を歩いて行くと、小説の通り深志神社があります▼ 
DSC07558.jpg
天神様(菅原道真)▼を祀った神社なので、血のように赤い(文中より)派手な色彩☆
DSC07556.jpg DSC07564.jpg 
さらに北へ歩くと▼商都のイメージで蔵造りの建物に統一された、中町通り に出ます。
女鳥羽川渡ったナワテ通り周辺で、10月8日ロケが行われたようです▼  
  DSC08832.jpg DSC087511.jpg
相澤病院の集中治療室で、長男の付き添いをした時、医師は神様のように思えました。
淡々と治療していると思いきや、命と向き合う医師の心の葛藤を
小説「神様のカルテ」で読むことができます。

 松本城の内堀沿いを歩き黒門▼から、二の丸を過ぎて▼「御嶽荘」に帰りましょう(空想)。
DSC05281.jpg DSC08094.jpg
2011年公開の映画「神様のカルテ」で、櫻井翔さんがどう演じるか、そして3作目が楽しみです。

櫻井さんの新境地になるでしょうし、365日24時間体制の医療現場にも関心が行くかも☆
個人的には、新妻役の宮崎あおいさんに関心が行ってしまいますが‥


          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-