陽子の店・遊水池>朝ドラ「おひさま」ロケ地メモ(8)

NHK「おひさま」は、”夕日の陽子”(若尾文子さん)が、安曇野で営む蕎麦屋で
東京に住む主婦・房子(斎藤由貴さん)に、来し方を語っていきます。

その蕎麦屋のセットは、安曇野の大王わさび農場・駐車場横に残っています▼
033521.jpg 
大王わさび農場は、安曇野わさび田湧水群の一角にあり、大王という名称は
民話「八面大王」の胴体が埋葬された、大王神社があることに由来☆

撮影時は花や小道具のディスプレーで、水辺のファンタジックな店に映っていました。
実際は、外壁の板以外は鉄パイプで組まれた▼書きわりで、CG処理☆
038521.jpg 037521.jpg
八面大王については、左欄カテゴリ「八面大王の昔話」にまとめてあります♪

北アルプスの雪解け水である、安曇野わさび田湧水群は名水百選のひとつ!
万水(よろずい)橋の南に「憩いの池」▼という、湧水ポイントがあります。
087521.jpg 
水辺にたたずむと、プクプくと水が湧く音がして、まさに陽子母(原田知世さん)が
云ったように 、命が産まれる音に聞こえます。

陽子は大正11年(1922年)生まれとのことで、大正12年生まれの司馬遼太郎氏と同世代!

司馬氏は1943年、学徒出陣して満州に行き、1945年本土決戦にそなえ、栃木県佐野市の
戦車連隊・小隊長として22歳で終戦を迎えました。
073521.jpg 079521.jpg
司馬氏は終戦の放送をきいたあと、「なんと愚かな国に産まれたことか」 と思った。
「むかしは、そうでなかったのではないか?」との疑問を明かしながら、22歳の自分に手紙を
書き送るようにして書いた
‥と、「この国のかたち」などの著書にしるしています。
 093521.jpg 070521.jpg
司馬氏亡き後、苦言を呈して下さる方もいない昨今、「おひさま」の意義は大きいと思われます。

おひさま第8週目、5月24日の放送でタケオ君が出征となり、画面が変わるシーンで
湧水群の一角、安曇野市明科の御宝田遊水池と、せせらぎが映りました▼019525.jpg 
冬になると白鳥がたくさん飛来しますが、今年もシベリアへ帰って行きました☆
安曇野市が作成した「おひさまロケ地」に、近くの▼せせらぎが載っていました。
001525.jpg 
子供時代の陽子と母が水辺にたたずむシーンも、明科のせせらぎと思われます。
ワンセグ携帯電話の小さい画面での視聴なのですが、水草の揺らぎが分りました♪
003525.jpg 002525.jpg 

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

スポンサーサイト

テーマ : NHK 連続テレビ小説
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-