FC2ブログ

奈良井宿~「おひさま」と方言

連続テレビ小説「おひさま」は第19週目で、陽子(井上真央さん)は、教師を辞めて
新しい職場へ子連れ出勤の日々‥

安曇野での教職の頃は、飴屋さん夫婦に子守りを頼んでいました。
飴屋の店内のシーンは、NHKのスタジオセットで撮影されましたが、飴屋のある通りは
長野県塩尻市の奈良井宿でロケ☆

2011年の夏休みに、家族連れで奈良井宿に行きました。
DSC089809.jpg 057809.jpg
文化財となっている中村邸に、飴のディスプレーや暖簾を吊るして「村上堂」▲

櫛問屋だった中村邸は、一般公開されていて、料金を払って見学しました。
「建物内の写真撮影は3枚位にして下さい」と言われたので、3カット撮りました。
026804.jpg 
お勝手にはカマド・囲炉裏があり、2階へは収納家具でもある「箱階段」を登ります。
2階は茶室と客間があり、昔の商家の造りが偲ばれます。

間口は狭いものの裏庭▼まで土間が続き、奥に蔵があります。 展示品の櫛▼
039809.jpg 032809.jpg  
邸内ではガイドさんによる説明があり、建物の特徴や「おひさま」ロケのエピソードを聞きました。
このあと、奈良井宿を歩いて家族で中山道体験しました♪
所々に「水場」があるのも、暑い夏には嬉しいです▼
013804.jpg 010804.jpg
ドラマ「おひさま」は、信州の安曇野・松本が舞台で、セリフも訛りが入っています。
例えば、「うんまい」「~だいね」「おいでなさんし」など。
松本生まれの私ですが、これらの方言は使った事がなくて不思議な感じ☆

松本の方言として疑問文の語尾に「~だ?」を付けます。
松本弁っぽい表現としては、「~だから」を、「~だで」と言います。
 
東京在住の頃、会話中に「だでさー」と言って大笑いされてショックでした‥
071809.jpg 
奈良井宿の北の手前にある「杉並木」は、かつての中山道の名残り▲

「おひさま」の影響で、子供たちが使ったこともない方言の「~だいね」を真似して言います。
また、テーマ曲のメロディーに下品な替え歌を付けて歌っています。
歌詞はその都度、自分の心情を込めて裏声で唄っています‥

          あずさ堂小林       
  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

スポンサーサイト



テーマ : ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-