安曇野ちひろ美術館と「おひさま」の育子

2011年の体育の日に、NHK連続テレビ小説「おひさま」の後半総集編が放送されました。

井上真央さんが演じる陽子の女学校時代の友人である、真知子(マイコさん)と
育子(満島ひかりさん)との友情も、見どころの一つ☆

最終回で、現代の真知子と育子を、それぞれ司葉子さんと黒柳徹子さんが演じていました!

黒柳さんは安曇野とは縁があり、現在、「安曇野ちひろ美術館」名誉館長を兼任しています。
0121011.jpg 
安曇野ちひろ美術館は、いわさきちひろと世界の絵本画家の美術館です。
長野県北安曇郡松川村にあり、花壇は今、ブルーサルビアが見頃▲

ちひろについて調べてみると、大正7年生まれということなので、陽子より4歳年上になります。
0171011.jpg 0361011.jpg 
ちひろは東京で育ち、女学校の頃から油絵やデッサンの勉強を始めたそうです。
26歳の時、太平洋戦争の東京大空襲で中野の家を焼失‥

母の実家がある長野県松本市に疎開しました。
終戦後に、両親はこの美術館のある松川村を開拓しました。
0301011.jpg  
ちひろは再び上京し、結婚後は練馬区の家で創作活動に励みました。

さらに、47歳の時(1966年)、長野県の黒姫高原に山荘を建てて絵本製作をしました。
ちひろ美術館の敷地に、山荘の復元▼があり、創作の様子が窺えます。
0191011.jpg 0021011.jpg
窓ガラスに周囲の石や木が映り込んでいますが、ちひろの画室▲や、
台所が見えます▼
0071011.jpg 
水彩絵の具を使い、にじみやボカシの技法は独特で、現代でも色あせず新鮮!

ちなみに、黒柳さんの著作「窓ぎわのトットちゃん」のイラストは、ちひろが描いた子供の絵
から選ばれています☆
子供の幸せを願っていたちひろの絵を、どうしても使いたかったといいます。
0211011.jpg 0421011.jpg
夏には、スズムシが自然繁殖する松川村も、秋が深まり、ススキが茂り、
木々も色づき始めました♪

          あずさ堂小林       

  和洋菓子・通販ホームページはこちら ←

スポンサーサイト

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-