光前寺の落ち葉と早太郎伝説

2012年11月後半、木曽駒ケ岳の麓にある駒ヶ根市の光前寺に参拝しました。

光前寺は、しだれ桜やヒカリゴケ、早太郎伝説などで知られているお寺です。
杉並木の参道の両脇は、苔むす石垣ですが、光苔は冬枯れのため見れませんでした。
0301118.jpg 
天台宗の別格本山の寺院で、本尊は不動明王。
本堂の裏は、木曽山脈に連なる森閑とした風致☆
0371118.jpg 0791118.jpg
三門を過ぎて先へ進むと、三重塔が見えてきました。
塔の前には「霊犬早太郎の像」が番犬のように建っています▼
0941119.jpg 
駒ヶ根高原にある「早太郎温泉」は、早太郎伝説を由来とする名称です。
その伝説は、約700年前の鎌倉時代に光前寺で飼われていた山犬の物語‥
0681118.jpg 0431120.jpg 
その頃、遠州府中(現:静岡県磐田市)では、毎年、祭りの夜に白羽の矢が立った家の娘を
生贄として神様に差し出す風習がありました。

祭りの夜、怪物は「早太郎は居るまいな。信州信濃の早太郎。早太郎には知られるな」
などと言いながら、娘をさらっていきました。
0611118.jpg 
その話を聞いた坊さまが、信州まで来て光前寺の早太郎を借り受けました。
早太郎は娘の身代わりとなって、怪物(老ヒヒ)と戦い、退治しました!

傷を負った早太郎は、光前寺までたどり着いたものの、一声吠えて息を引き取りました‥

0591118.jpg 0571118.jpg
現在、光前寺の▲本堂の左手に、早太郎の墓が祀られています。
本堂でお参りしてから引き返して、三門の右手にある本坊客殿▼の方に足を運びました。
0941118.jpg   
11月も後半になると、落葉の絨毯が敷かれ、さらにヒラヒラと降り積もって行きます☆
客殿の奥には築山式池泉庭園があるのですが、拝観料500円なので今回はパス。
0841121.jpg  
光前寺の北にある駒ヶ根公園にも寄ってみました。
この日は、ヒョウが降るほど冷え込んで、駒ケ岳は雲の中▼
0141121.jpg 023121.jpg
お目当てだった駒ヶ池の水鏡に写るを紅葉を見て、晩秋の伊那路を後にしました♪
011120.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-