FC2ブログ

2013年初詣と犀竜伝説@大町

巳年、初詣でに信州の若一王子神社に行きました。
北アルプス山麓に広がる大町市に鎮座しています。
044111.jpg 033111.jpg
神社でありながら神仏習合で、境内に五重塔があります。  観音堂▲
拝殿と観音堂が廊下でつながっているので、神様と仏様の2世帯住居☆
042111.jpg
新春祈願をした後、好天なので白銀の山並みを眺めようと、山岳博物館へ! 
蓮華岳や爺ヶ岳といった北アルプス連山▼
049111.jpg 
厳寒の季節は、自然の厳しさと美しさを教えてくれます。
さらに、北に目を向けると、鹿島槍など白馬の銀嶺silver mountain♪
051111.jpg 
大町から塩尻に広がる松本盆地は、昔むかし湖でした‥という信州の民話があります。
その民話にでてくる大町の高瀬川上流に、足を伸ばしました。
 
高瀬川に架かる「蓮華大橋」のたもとに「泉小太郎のモニュメント」がありました▼
010111.jpg
信州の民話「泉小太郎」は、諏訪大社の化身の犀竜と高瀬川(あるいは千曲川)の化身・
白竜の子供として鉢伏山の麓で生まれました。
 
松本の中山や城山で成長した小太郎は、母の犀竜の背に乗って、血まみれになり
ながら山清路の大岩を砕いて水を流し、肥沃な松本平が出来ました。

015114.jpg  009111.jpg
その後、傷ついた犀竜と小太郎は、仏崎の岩穴に隠れ住みました‥
橋の南方にある仏崎観音堂裏の断崖に、その穴があると伝えられています。

帰り道は、国道19号線に出ようと、55号線▼で生坂村に向かいました。
 070111.jpg
19号線に突き当たる辺りが、山清路という渓谷です。
前述の泉小太郎が岩を崩した場所で、犀川が最も狭まる地点▼
083111.jpg 
水神岩や猿飛び岩がそびえたち、まるで昇仙峡のようです。
犀竜から名付けられた犀川が、深いエメラルドグリーンの水を湛えています▼
085111.jpg 089111.jpg
昨年の干支は辰で今年は巳ですが、太古から竜蛇は神として信仰されました。
今年は蛇のように一皮むけて、良い年にしたいものです!
松本に戻り、小太郎が育ったという城山付近のアルプス公園から市内を眺めました▼
006112.jpg 
               泉小太郎のシダレ柳↑

スポンサーサイト



テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-