上高地~本谷橋まで

10月の初め、紅葉間近の時期に、信州・上高地へ行きました。

今回は、バスターミナルから日帰りで、どこまで歩けるのか挑戦!
0021002.jpg 
左手に国内の標高第3位「奥穂高岳」▲を眺め、梓川沿いを上流に向かって進みます。

快晴とはいえないものの、歩くと汗ばむ位の陽気☆
梓川に流れ込む清水川を覗きこむとイワナの魚影▼    マガモ▼
0071002.jpg 
前方から「ギャー」という声が聞こえ、思った通り猿の御一行▼
逃げようもないので、何食わぬ顔で目を合わさないようにすれ違いました。
たいていは、カメラを向けると逃げて行くものなのですが、人慣れしています。
0101002.jpg  
穂高神社奥宮▼がある明神は素通りして、明神橋を渡り徳沢に向かいました。 
しばらく平坦な道が続き、梓川が蛇行しつつ流れ、常念岳も見えてきます▼
 106105.jpg 018105.jpg
梓川の梓とは、カバノキ科の樹木の名で、古くは弓の材料になりました。
それが梓弓で、神事で使用されたり、魔よけのため鳴らしました。
この川筋にアズサの樹が群生していた事から名付けられたと言われます。
103105.jpg 
上流の道をたどっていくと、ハルニレ林が広がり、徳沢のキャンプ場があります。
宿泊施設の徳澤園は井上靖氏の小説「氷壁」に登場します。
休憩したいのを我慢して先に進みました。
100102.jpg 105102.jpg
林の中の道を歩いて行くと、横尾キャンプ場にたどり着きました。
先日、テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」を見ていたら、イモトさんがエベレスト登山を
するための夏合宿で横尾山荘に一泊していました。

0251002.jpg 028102.jpg
ここで持参したコンビニ弁当の昼食を済ませ、水分補給をして先を急ぎました。
横尾大橋のつり橋をユラユラと渡ると▼いよいよ登山道になっていきます。
0211002.jpg 
登山靴で来なかったので、この先の登りが大変でした。
ただ、足つぼを刺激されて、足の痛みが予想より無くてすみました。
090105.jpg 
横尾谷を登っていくと、ようやく目安にしていた「本谷橋」に到着▼
まだ時間的・体力的余力があったので、さらに登ることにしました!
続きは次回‥
033105.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-