万水川の河童(1)<白鳥とワサビ

暑さ寒さも彼岸まで‥寒さがゆるんで、あちこちで春が生まれています。

雪が溶けて春の小川がサラサラ流れ、ランニングでも再開しようかという
気分になる陽気☆
信州安曇野を流れる万水川(よろずいがわ)沿いは、ウォーキングにうってつけの
土手で「せせらぎの小径」と名付けられています。
039321.jpg
そんな万水川一帯に伝わる民話に「万水川の河童」というがあるので
書き記しておきます。

‥昔々、穂高・白金の里にいたずら好きのカッパがいました。

ある日、村人の相馬安兵衛が馬を連れて万水川を渡ろうとすると
カッパが馬の尻尾をつかんで水に引きづり込もうとしました。

042321.jpg 
安兵衛はカッパの腕を引き抜いて、懲らしめました。
ある晩、カッパがやって来て「もう、しませんから腕を返して下さい。
その代り、人助けになる接骨術を教えましょう」

安兵衛は親戚の喜右衛門と一緒に教わって、骨接ぎの名医になりましたとさ‥
024322.jpg 
万水川は、安曇野市堀金の農業用水路(拾ケ堰)から発し、湧水を集めつつ
北流して犀川に合流します。
合流地点の手前は湧水も豊富で、わさび田が広がっています 
026322.jpg 
カッパの民話は全国各地にあり、万水川の伝説のあらすじに近い話や、
人間と相撲をとったり、、尻子玉を抜く(?)伝承もあります。
カッパは義理堅くて、恩返しに魚の御膳をくれたり、薬の製法を伝授して
くれたという民話もあります。

わさびの可憐な花が、冬の終わりを知らせてくれます▼
034322.jpg 017351.jpg
わさび農場の北は、万水川が穂高川・高瀬川とも合流する水郷で、
御宝田遊水池という白鳥飛来地があります▼
白鳥が北へ帰ってしまう前に見に見納めしようと、3月18日に訪れてみました。
004321.jpg  
水木しげる氏が描いたマンガに「河童の三平」という作品がありました。

主人公の三平は「長野県に住むカッパに似た少年」。
三平が河童の世界に迷い込むという、シュールなストーリーと絵でした☆
009321.jpg 
鴨がピーピー鳴き、白鳥がコ―コ―と歌うミュージカルのステージ☆

春は旅立ちの季節でもあります。
新しい世界に向かって翼を広げて羽ばたきましょう!
012321.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-