常念岳<夏山登山(1)

8月の台風が来る前に、北アルプス・常念岳に登ってきました!

それなりの登山経験を積んで、常念岳の日帰り往復に挑戦☆
一ノ沢登山口▼から沢沿いのコースを、猿の見送りを受けて登りました▼
004809.jpg 002810.jpg
常念岳は松本~安曇野からピラミッド形に見える、馴染み深い山です。

真夏の登山ということで、熱中症と足のトラブル対策をして臨みました。
長距離になるため登山靴をリュックに入れ、岩場まで履きなれた靴で進みました。
006811.jpg 013811.jpg 
沢の瀬音を聴きながら樹林帯を登り▲持参したタオルを沢で濡らして首に巻くと
痛い位の冷たさでクールダウン☆
トチノキの前に鳥居がある「山の神」を通過▼
010810.jpg 
急な登りは無いものの、登山道の一部は沢の石を歩くので滑りやすく要注意。
途中、丸太の上を渡ったり、一の沢を左手に見つつ大きな岩を乗り越えて行きます。

険しい山道を歩きながら頭に浮かんでくるのは、今月行われている
中学・高校生のスポーツ大会の事‥
014811.jpg 023811.jpg
8月は高校生の総合体育大会や、甲子園野球の熱戦が行われます。

県大会を勝ち進んだ信州の中学生は、8月5日~7日の北信越大会に臨みました。
福井・富山・石川・新潟各県と競い合って、全国大会を目指すのです。
大滝ベンチ▼
025812.jpg 
身内の中学生が北信越大会に出場していて、7日の準決勝に勝ち進めば、
この日は登山ではなく、新潟まで応援に行く予定でした。
敗退のメールを受けて、以前から登りたかった常念岳に挑んだわけです。
034812.jpg 040812.jpg
朝は青空が広がっていたのが、烏帽子沢、笠原沢といった渓流地点を越える頃、
ガスが出て怪しい雲行きになってきました。
その分、日差しがさえぎられて体力の消耗が抑えられました。
066813.jpg 
振り返って見ても、まっ白いガスで靄の中▲
天気予報は午後から40%雨だったので、眺望は期待していませんでした。

夏休みということで家族連れや、カラフルなウエアーを着た若い登山者を見かけました。
下界は35度でしたが、雪渓が残っています▼
064843.jpg 117813.jpg
胸突八丁という地点から急な登りになり、息を切らしつつ▲また胸をよぎるのは
夏の大会に負けて帰って来るた子供たちのこと。
中学・高校の全国大会で優勝できるのは、数千校に1校ですから
ほとんどが負けて引退するわけです。 
065814.jpg  
でも、勝ち負けに関係なく、一生懸命に練習したことや
全力で試合をしたことで、多くの事を学んだはずです。
そして、子供たちがスポーツに打ち込めるのも、保護者がお弁当を作ってくれたり
送迎してくれたりという、サポートがあってのお陰なのです。
068843.jpg
この山道でも、多くの高齢者とすれ違いましたが、長~い人生の中で
宝物のような思い出になるでしょう。
100年たっても忘れられない夏!
071843.jpg 
常念乗越の地点にたどり着き、山頂が見えてきましたが▲ここからが遠い道のり。
次回に続きます‥
074814.jpg 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-