御嶽山の噴煙・富士山@美ヶ原

どこまでも青い空が広がる休日、信州・美ヶ原へ行きました。

カラマツ林を抜けて「思い出の丘」付近まで登ると、見通しが広がり
世界の天井が抜けたかのような風景▼
016104.jpg 
美ヶ原からは日本の中央部を360度展望することができます。

9月27日に木曽の御嶽山が噴火して、3日後の29日に撮った写真です。
御嶽山からはまだ噴煙が上がり、煙りがたなびいているのが見えました▼
025104.jpg 
戦後最悪の火山災害となってしましました。

この大地と言うのはソリッド(頑丈)ではないんだなと痛感させられます。
この美ヶ原自体、太古にはフォッサマグナ海底に沈んでいました。

車を自然保護センターに停めて、王ヶ鼻に向かって歩きました。
034105.jpg 
色づき始めた麓の向こうに、富士山がクッキリと頭を覗かせていました▲

尾根の突端部である王ヶ鼻に立つと、北アルプスが青い屏風のように立ち、
槍ヶ岳のトンガリや穂高岳の岩肌が箱庭のように楽しめます
044105.jpg
稲刈りがまだか、済んだばかりの大地は黄金色▲

視線を左端から移動する中で、八ヶ岳から標高日本1の富士山、南アルプスの
北岳、そして奥穂高岳と、日本の標高ベスト3が拝めます☆
046105.jpg 
それから視線を左端まで移すと、台上の草原のかなたに奥立山連峰、北信五岳が
連なり、台上に移動すればぐるりと浅間山、奥秩父連峰も見ることができます。

美ヶ原は約1500万年前に隆起したと言われます。
0661005.jpg 
約130万年前から成層火山ができて、痕跡の溶岩が頂上部に残っています。

王ヶ鼻も板状節理が、石の板を重ねたようにできています▼
中央アルプスの御嶽山を望み、御嶽教信仰の山でもあります。
056104.jpg 
王ヶ鼻に並ぶ石仏群は御嶽山の方角を向いています▼
仏と共に、火山災害の犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするだけです。
061104.jpg 
大自然の猛威の前では、ただ謙虚になるしかないのでしょうか。

牛の放牧シーズンも、まもなく終わるようです。
072104.jpg 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-