象山の「花燃ゆ」@松代

今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」は、幕末から明治維新に向けた激動を
吉田松陰の妹・文(ふみ)の視点で描いています☆

これまで放送された中で、伊勢谷友介さん演じる吉田寅次郎(松陰)が、
江戸で遊学して佐久間象山に砲術を学んだというくだりがありました。


信州・松代の城下町を訪ねて、今も残る佐久間象山の足跡を
たどってみました。  松代城跡▼
001215.jpg 
まず、江戸時代の藩士の暮らしぶりがうかがえる、武家屋敷に寄りました☆

江戸時代の藩士公舎だったという「旧樋口家住宅」では
『佐久間象山と吉田松陰』企画展を開催中▼
024215.jpg 
松代藩真田家の家臣の子として生まれた象山は、朱子学を学んで儒者となり
29歳の時、江戸で私塾を開きました。

その後、松代藩主が老中に任命され、象山は海外事情調査を命じられます。
029215.jpg 025215.jpg
様式砲術を学び、さらにオランダ語を習得して原書で読めるようにまでなります☆

象山は30代後半に松代に戻り、藩の殖産興業に取り組みます。

033215.jpg
松代の城下町に、旧松代藩鐘楼が残っていますが
1849年象山39歳の頃、電信実験を成功させた場所とも言われています▼
017217.jpg 
象山41歳の頃、再び江戸で塾を開き「花燃ゆ」にもあった吉田松陰や、
勝海舟などが入門してきます。

こちらは中級藩士の住宅「旧横田家」▼
048217.jpg 059217.jpg
寅次郎はペリーの船に乗り込もうとして
国禁を犯し、長州・萩に送還され投獄されます。

ドラマ「花燃ゆ」では、フーテンの寅さんのごとく寅次郎に家族や周りが
振り回されていますが、象山も大きく運命を変えられてしまいます。
054217.jpg
寅次郎の荷物に象山が贈った漢詩が見つかり、象山も逮捕されます。

象山も国許の松代に蟄居ということになり、娶遠楼と名付けられている建物
を謹慎の場所としました▼                 象山神社▼
079217.jpg 044217.jpg
娶遠楼の建物は、現在は松陰神社に移されていますが、松代高校へ向かう途中に
「佐久間象山 蟄居の地」があります。
象山神社には高義亭という、象山が来客の応対に使った建物も残っています▼
040217.jpg  
「花燃ゆ」では、吉田松陰が牢獄から実父預けにと刑を緩められて
井上真央さんが演じる妹の助けを借りながら松下村塾を開きます。

しかし、象山の方は、あしかけ9年に渡って処罰されていました。
046217.jpg
安政の大獄で松陰は処刑されますが、その後、松陰の弟子たちを中心とする
長州藩の尊王攘夷派が巻き返します。
あわてた幕府は、朝廷をなんとか開国主義に転向させようと、象山に京都行きを命じ、
やっと象山の出番がやってきます!         
象山の墓所・蓮乗寺▼
076218.jpg 073218.jpg
象山の朝廷説得が成功裡に進みつつあった帰り道、馬上の象山は
何者かに刺されて54歳の生涯を終えます。

大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン文は、東出昌大さん演じる久坂玄瑞と、最初の結婚を
しますが、象山の暗殺計画をした人物は、松陰門下の久坂ともいわれています‥ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-