千曲川旅情@荒砥城

4月5日から5月いっぱい、長野市の善光寺御開帳が行われます!

江戸時代になって善光寺詣りが盛んになると、善光寺への街道を
善男善女が行き来するようになりました。

善光寺詣りの精進落としの湯として、戸倉上山田温泉が昔から
親しまれていました。

その温泉地を見下ろす山にある「荒砥城(あらとじょう)跡」に行きました▼
008320.jpg 010320.jpg
戦国時代、この地の豪族だった村上氏の一族が築いた山城です。

その頃、武田信玄と上杉謙信との間で、北信濃の支配権をめぐる闘争が起こりました。
世に言う「川中島の戦い」の始まりです!
025318.jpg  
1553年、武田信玄に城を攻められた村上氏は、越後に逃れ、上杉謙信に支援要請。

村上氏は反攻し、信玄は一旦兵を引きました。
この荒砥城から、村上氏の本城であった「葛尾城」が望めます。
03332.jpg 
その後、武田家の重臣だった真田氏の急襲に遭い、荒砥城主は戦死。

武田軍は再び北信濃へ侵攻し、  村上氏の諸城を落としました。
その後も、上杉・武田両軍は荒砥城をめぐって争奪戦を繰り返しました。
015319.jpg  
武田氏滅亡後、この一帯は上杉氏が治め、その後、廃城となりました。

平成7年に史跡公園として、山城が復元されました。
櫓からは、眼下に千曲川、右手は坂城町 ・上田市方面になります。
017325.jpg 036325.jpg
兵舎や館、門などが再現されて、戦国時代の城を体感できます☆

左手を眺めると、飯縄山~戸隠~北アルプスの連峰▼
この千曲川と犀川が合流する地点が川中島と呼ばれます。
037319.jpg 
荒砥城跡から見下ろして、右下が上山田で、千曲川に架かる長い橋は
「万葉橋」と言います。
その名の通り、この地は万葉集にも詠われました。

信濃なる 千曲の川の さざれ石も 君し踏みてば 玉と拾わむ
031325.jpg 
千曲川の小石でさえ、君が踏んだ石ならば、宝石だと思って拾いましょう‥
といった意味でしょうか。

江戸時代から、戦国時代、さらに万葉の世にまで時空を
超えてしまいそうなスポットです。
044313.jpg 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-