姨捨の棚田~長楽寺

日本の鉄道三大車窓の一つに数えられている、「姨捨」駅を降りました。

長野県千曲市にある姨捨は、姨捨山を背に、善光寺平の眺望が広がり、
田毎(たごと)の月」と呼ばれる棚田が造られています。
月の名所として古今和歌集にも詠まれました☆
001605.jpg 004605.jpg 
駅から斜面を下りつつ、水が張られ稲が植えられた棚田を眺めました。

農作業は、5月の下旬に田植えが行われ、8月末に田んぼの水を落とし、
9月下旬に稲刈りして、10月上旬には美味しいお米になります!
029638.jpg 
姨捨というと、「うばすて山」の伝説があります。
実際には、お年寄りを捨てるような風習は無かったようですが、
地名から連想された民話なのかもしれません。
043638.jpg
姨捨伝説は、こんな話でした‥
信濃の国・更級の郷に、年寄りが嫌いな殿様がいて、
『60歳以上になった者は、山奥に捨てよ』というお触れをだしました。

036638.jpg
郷に住む一人の若者は、母親が70歳になっていたので、
泣く泣く背負って姨捨山に捨てに行きました。
母親を残して帰ろうとするも、あたりは真っ暗で道に迷って引き返しました。

049638.jpg   
すると母親は『迷わないように枝を折ってきたから、それを目印にお帰り』。
子を思う母親の優しさに触れた若者は、殿様の命令に背き
母親を家に連れて帰り、床下にかくまいました。
           姪石▼
055631.jpg  053640.jpg
隣の国が難題を出してきて、解けなければ国を攻めると、何度も言ってきました。

殿様は困って、誰か知恵のある者はいないかと、国中にお触れを出しました。
その都度、若者が母親に尋ねると、良い案を出して殿様を何度も助けました。

四十八枚田の田毎観音▼           姨捨山▼正名は冠着(かむりき)山
061640.jpg 059640.jpg
殿様はたいそう喜んで若者にほうびを与えようと呼ぶと、若者は母親の知恵で
あった事を申し上げました。
殿様は『年寄りというものは、ありがたいものだ』と、自分の間違えに気付き
どの家でも年寄りを捨てずに、大切にして仲良く暮らせるようになりました‥

026638.jpg 
母ではなく伯母を捨てに行ったという、言い伝えもあります。
棚田を下っていくと、長楽寺が見えてきました▲
周囲には文学碑が多く、多くの句が読まれています。
020638.jpg 
巨大な姨石の隣に本堂が建ち、句碑が並んでいます▲
松尾芭蕉の句「おもかげや姨ひとりなく月の友」
高濱虚子の句「更級や姨捨山の月ぞこれ」
016640.jpg 014640.jpg
長寿社会の今の日本で、60歳すぎはザラになりました。
高齢者の定義は、65歳から74歳までが前期高齢者、75歳以上を
後期高齢者と呼ぶそうです。
008641.jpg 
姨石の上から眺める善光寺平▲
高齢者の年代の方から助けられたり良くしてもらったりすることが多い昨今
改めて、お年寄りを大切にしたり優しくしてあげなくてはと思う次第です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-