白馬小径<塩の道(11)

長野県大町市と白馬村の境にある「佐野坂峠」を通って、江戸時代の
古道・千国街道沿いを歩きました。
前回の続きで、青木湖西岸に並ぶ西国三十三番観音を眺めながら
北へ進みます▼
081706.jpg
かつて、日本海から信州へ塩や海の幸が運ばれた「塩の道」です。
この佐野坂峠沿いは、古来からの道が江戸時代で時間がストップしたような
歴史ロマンがあふれています。
088706.jpg 
鬼石」という案内板があり、「西行法師が東国巡礼の途中、立ち寄って
腰かけた石という伝承がある」と書いてあります。

「鬼がこの石を投げようとしてつかんだけれど、重くて爪痕だけが残った」
という民話が伝えられています▼

094706.jpg 
一番観音像の前には、白馬村の村宝としての三十三観音の
案内が出ています▼
098706.jpg
蒸し暑いこの季節でも、杉木立を吹き抜ける風は爽快で、
森林浴効果もあります♪
103706.jpg 
峠を北へ下って行くと、「白馬さのさかスキー場」のゲレンデに出ます。
リフトの横を通って、JR大糸線▼の踏切を渡ります。

塩の道は国道148号線の西側に続きますが、寄り道して姫川源流に立ち寄りました▼
104706.jpg 129706.jpg 
この辺りの伏流水が、姫川となって60km先の日本海に注ぎ込みます。
日本百名水の一つで、湿原が広がり季節の花が咲き誇ります。
122710.jpg 
梅花藻(バイカモ)の花が、清流の中で咲き、水から顔を出しています▼
水に揺れる可憐な花と、繊細な藻のゆらぎに見惚れてしまいます。
124746.jpg 
さのさかスキー場に戻り、大糸線に沿うように古道を歩きます。
「塩の道 千国街道」の道しるべが所々に立ち、道祖神や石仏群に出くわします。
007740.jpg 014740.jpg 
南神城駅の手前に森の中に向かう道があり、こちらが「塩の道」▲
国道の喧騒から離れた森の道には、アジサイが咲いていました。
025710.jpg
森の小径の途中、小川に架かる橋を越えると、製紙工場の裏に出て
沢渡南原の石仏群があります。
023710.jpg 
萱ぶき屋根の民家や、季節の花を眺めつつ歩きました▼
「白馬小径」という道しるべが立っています。
031711.jpg 037711.jpg
小径は白馬南小学校に突きあたり▼校舎の裏を回り込む道を進みます。
すぐ横が線路という土手の上を歩き、道なりに小学校の前の国道に出ます。
043711.jpg 046711.jpg
国道沿いの歩道を少し行くと「白馬村飯田」の地点に「塩の道・千国街道」の
案内板があり、国道から西の大糸線に沿った農道を歩きます▼
050711.jpg 
「道の駅・白馬」近くで再び国道148号線を横切り、神城駅の北で
大糸線の踏切を渡って、白馬五竜スキー場のふもとに出ます▼
061711.jpg 
ここから先は、以前「白馬五竜~八方尾根<塩の道(6)」に書いています☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-