フスベ~せえの神‥石坂越え<塩の道(12)

信州の小谷(おたり)地方には、かつて、松本から日本海の糸魚川を結んだ
「塩の道」千国街道の痕跡を、あちこちに見ることができます。

今回は、JR大糸線・中土駅周辺の古道を歩いてみました。
082824.jpg 081824.jpg 
下里瀬(くだりせ)温泉から、「車坂」▲を登って北へ向かいます。
途中から舗装も無くなり、山腹を巡るようになります。
077824.jpg 076824.jpg 
この先は「フスベ」と呼ばれる難所で、狭くて滑り落ちそうな勾配。
当時、牛馬に荷を積せて運ぶ途中、転落することもあったといいます。
090824.jpg 
牛方という者たちが、牛を多くて7頭追いながら、坂を行き来ました。
眠くなってウトウトした牛方が、手綱を引っ張られて牛に助けられた
話も残っています。
079824.jpg
眼下に姫川が流れ、筒状に覆われたJR線路が見えました▲
姫川と大糸線の西側に隆起する急斜面に、へばりつくような古道です。
071823.jpg
フスベを過ぎて、視界が広がった所に池原という集落があり、
「塩の道」の表示に従って北へ歩いて行きました▲
070823.jpg 
8月の日差しの中、夏の花を眺めながら古道を進みます☆
向こうに見える3角形の平倉山には▼戦国時代、平倉城があったそうです。
069823.jpg 
崩落が見られる立山▼を背景に、棚田が美しく並んでいます。
桃源郷のような静かな農村風景☆
063823.jpg  
一旦、一般道に出て、再び「塩の道」▼の坂を登ります。
石仏群があり、昔のままの古道へ分け入ります。
059823.jpg 016823.jpg 
猛暑の日でも、樹木の日陰を歩くことができます。
姫川の急流を避けて、下里瀬から車坂を登り、フスベ~池原を通る「石坂越えコース」です。
051823.jpg 
登り道が下りになる手前に「賽(せえ)の神」という表示が立っています▼
せえの神は、村の入口にあって、悪霊から守る神です。
026826.jpg 
せえの神から向こうは、石坂集落があり、民家が坂沿いに建っています。
湧水を利用した手作りの水道や、生活の匂いがしてきます。
048826.jpg 029823.jpg  
急な坂を下り終えた場所に石仏群があります▼
この先の道は、北小谷~葛葉峠へと続きます‥
040846.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-