天神道を越えて<塩の道(16)

 古道の面影が残る、長野県小谷村の千国街道を歩きました。

今回は、国道148号線の「道の駅・小谷」からスタートして、
千国街道の中の「天神道」と呼ばれるコース!
11月中旬、紅葉が残る杉木の回廊を新潟県に向かって進みます▼
0101210.jpg
「道の駅 小谷」の裏を通る道を進むと、「島温泉」があり
天神道入口の立て札が出ています。
「城の越-ねじかけ-湯原方面」▼「ゆっくり歩いて2時間」と書いてあります。
006139.jpg 009152.jpg
信越国境付近の天神道越えコースは、かつての「塩の道」が残り
山腹の地形をめぐる、ゆるやかな上り下りが続きます。
0151210.jpg 
江戸時代、信濃の松本藩では、日本海からの塩の流入以外を禁じたため
糸魚川と松本を結ぶ、この千国街道は重要な「塩の道」でした。
李平(すももだいら)の集落が見えました▼
0861240.jpg 0231210.jpg 
峠道を登り切った頂上付近が「城の越」で、茶屋跡の標柱があり、
水場に清水が滴り落ちています▼
0321210.jpg 
城の越から少し登った所に「三峯様」という、円錐状の萱が3体たたずんでいます。
盗難、火災除けの神を祀る原初的な社で、中を覗くと平べったい石が置かれています。
0251210.jpg 
こういった日本の原風景や、里山の四季の移ろいを見たくて
塩の道を歩いています☆
城の越から先、古道は分かりにくい脇道へと入り、昔のままの道になります。
0271210.jpg
松本から日本海へ向かう道中で、初めて越後の村が見える地点まで来ました!

足下を姫川が日本海に向かって流れ、色あせた紅葉の向こうに
明星山という富士山に似た形の山が見えました▼
0391210.jpg 
列車や自動車が無かった時代、重い物資を牛馬に積んだり、人が背負って
こんな道を行き来していたのかと思うと、のどかなような、大変な様な‥
0421210.jpg 0451210.jpg 
落ち葉を踏みしめながら斜面をトラバースして進みます。
豪雪地帯なので、雪がある12月後半から5月初めまでは
ボッカと呼ばれる者たちが、荷を運びました。

0471210.jpg 
道の先に、『信越の交流』砂山の石仏があります▼
かつて、このあたりにボッカや牛方が泊まる宿があったそうです。
0751210.jpg 
牛方は、牛に2俵(約90kg)づつ背負わせて、一人前になると6頭の牛を追って
この道を通ったとのこと。
0741210.jpg 0641210.jpg 
「ねじかけ」という標識の先を下っていくと、国道148号線が見えていきます。
ちょうど塩坂トンネルの上を歩いてきて、湯原という地点に出ました▼
07315.jpg 0701210.jpg 
この先に見える湯原トンネルを抜けると、雪国の新潟です!
0681210.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-