松本城が傾いた伝説

2017年元旦、初詣をしてから松本城まで歩きました。

青空が広がる良い天気で、銀色に輝く北アルプスを望みつつ
お濠には白鳥、そして漆黒の天守閣は絵になります☆
CIMG1834.jpg
観光名所となっている松本城も、明治時代には荒廃して競売にかけられたり
大きく傾いた状態になっていました。
そして「松本城が傾いているのは加助の祟りだ」と、うわさされました。
CIMG1856.jpg 
加助というのは、江戸時代、松本藩で「貞享(じょうきょう)騒動」という
一揆を首謀した人物です。
1686年、過酷な年貢に苦しむ農民を救おうと、加助たち同志は騒動を起こしたのです。
松本城太鼓門の門松▼
CIMG1860.jpg 
時の藩主は水野忠直公で、参勤交代のため江戸詰で、出費が多くかかります。

近隣の藩の年貢は、一俵を米2斗5升挽きであるのに、
松本藩では3斗4升挽きを厳命したことが発端です。
CIMG1853.jpg CIMG1845.jpg 
松本城で見かけたウサギ▲
加助が生まれ育った安曇野市三郷中萱(みさと・なかがや)には、義民をたたえた
貞享義民記念館」建っています▼
045109.jpg 
貞享3年、多田加助を首領とする同志は10月、中萱の熊野神社に集まって
密議し、2斗5升挽きの要求等5ヶ条の訴状を持って郡奉行に訴え出ました。

記念館の奥に熊野神社があります▼
050110.jpg 
およそ1万人の農民たちが、これに加勢しようと松本城を取り囲みました。

家老たちは騒動が長引くことと、江戸への直訴を恐れ
籾納めを2斗5升挽きと聞き届ける旨の覚書を出しました。

貞享義民記念館内の様子▼
006110.jpg 004110.jpg 
農民たちは村々に引き上げ、騒動は静まった加のように思われました。

ところが藩では、村々に対し覚書を返上させ、江戸へは真相を隠して注進し
首謀者とその子弟を一斉に投獄しました。

中萱公民館の隣にある加助神社▼      旧加助宅には「2斗5升の碑」▼
041110.jpg  035140.jpg 
11月、28人の者が極刑となり、加助は磔の刑となりました。

加助が処刑された刑場は、かつて丸の内中学校の北にあり
現在は、義民塚と碑が建てられています▼
010110.jpg 022110.jpg 
はりつけにされた加助が松本城をにらむと、天守閣が西に傾いたと言います。
加助は「2斗5升!」と絶叫しつつ息絶えた、と伝えられています。
011110.jpg CIMG1848.jpg 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-