奈良井宿から鳥居峠越え

 江戸時代、五街道の一つとして整備された中山道。
長野県内には旧道の面影が、ところどころに残っています。

風薫る5月、中山道・奈良井宿から鳥居峠を歩きました!
宿場町を南へ通り抜けると、鳥居峠の上りが始まります▼
002520.jpg
現在、奈良井宿と薮原宿の間は、国道19号線がありますが
江戸時代は、この峠を通るしかなかったようです。
国道はトンネルを通っていて、そのおかげもあって、原形を
とどめたまま峠道が残っています▼
007520.jpg 
石畳は花崗岩を埋め込んで復元したもの▲
分水嶺の峠でもあり、峠の北側の水は日本海に向かい
南側は木曽川になって太平洋へと流れます。

009541.jpg
黄色いヤマブキや、可憐な山野草が咲く間を登っていきました。
登りきると「峰の茶屋跡」の小屋があり▼湧水が流れています▼
025541.jpg 027541.jpg 
崖沿いの道を歩いて行くと、谷に向かって何本か栃(とち)の古木が
並んでいます▼
「天然記念物のトチノキ群」で、「子産みの栃」の伝説があります。
035541.jpg 
この栃の洞の中に捨て子がいて、子宝に恵まれない村人が
引き取って育てたところ、孝養を尽くし、一家繁盛したという伝承です!
この栃の実を煎じて飲めば子宝に恵まれるという言い伝えがあります☆
033531.jpg 041541.jpg 
さらに南へと進むと、御嶽神社・芭蕉句碑などの石碑があり▲
木曽義仲硯水などのスポットがあります。
038541.jpg 044541.jpg 
松尾芭蕉以外にも、鳥居峠を書いた文人は多く、菊池寛の
「恩讐の彼方へ」にも出てきます。
ここから先は、藪原への下り坂になります。
058541.jpg
石畳の両脇に、ニリンソウの花が群生して咲いていました。
清浄な水の近くに咲く、可憐な白い花を愛でながら
新緑の萌えるような緑の下を歩きました♪
056541.jpg 
奈良井宿に戻り、振り返ると鳥居峠の緑が見えました▼
旅人にとって心から休息できる宿だったことでしょう‥
074523.jpg 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-