シルク岡谷を歩く

 江戸時代末期から昭和の中ごろまで、長野県では蚕糸業が栄えました!
前回歩いた野麦峠を通って、岐阜県からも工女が
製糸工場にやってきました。


飛騨地方の工女たちが働いたのは、主に岡谷・諏訪地方の工場▼
010623.jpg 
蚕糸業関連の産業遺産が残る、岡谷の町を歩きました☆

群馬県の富岡製糸場が世界遺産に登録されましたが
かつては岡谷も「シルクの都」として世界に知られました。
050625.jpg 
岡谷市役所の前に「近代化産業遺産群」の案内図が出ています▲
地図に従って、西回廊コースを歩いてみました☆

市役所の隣にある岡谷消防庁舎は、製糸家から寄贈された建物▼
018624.jpg 
「旧山一林組製糸事務所」は、大正10年に建てられた、製糸業全盛期の
洋風建築の事務所▼

029624.jpg 033624.jpg 
「金上繭倉庫」は、明治期に建てられ、岡谷に残る数少ない繭倉庫▲

繭霊供養塔」が照光寺に建立されています▼
昭和9年、蚕の霊を慰め、蚕糸業の発展を願って建てられました。
040624.jpg 
簡易裁判所近くの住宅街に、「旧林家住宅」があります▼

岡谷の製糸業発展の基礎を築いた林家の旧宅☆
入館料を払って見学すると、詳しく説明してもらえます♪
037624.jpg 046624.jpg 
市役所方向へUターンして、北へ行くと「岡谷蚕糸博物館」▼
製糸機械類や、蚕糸関連の資料が展示してあります。
実際に、製糸会社も稼働中!
047624.jpg 
岡谷市にあるツツジの名所・鶴峰公園にも寄りました▼
製糸会社・片倉組の片倉兼太郎が建てた小学校の
跡地が公園になっています。
011624.jpg
片倉家は、諏訪湖から流れ出る天竜川を利用して、製糸工場を始めました。
外国製の繰糸機を改良した諏訪式繰糸機を導入し
日本の生糸輸出を先導!           片倉兼太郎像▼
009624.jpg 005624.jpg 
「糸都岡谷」が出現した要因はいくつかあります。
豊富な水・繭保存に適した気候・技術開発者・金融機関の支えなど‥

なによりも、繊細な繭糸を継ぎ足して、細い生糸を作る根気のいる
仕事を黙々と続けた工女たちのおかげでしょう。

016644.jpg 
戦後、諏訪地方では精密機械産業が盛んになりますが
製糸業の技術があったからこそ、産業転換ができたと言えます!

諏訪湖沿いにある「岡谷湖畔公園」に寄りました▼
018644.jpg 019644.jpg 
子供が小さい頃ここで遊んだ時と、遊具も変わっていません☆
時間があったので、諏訪湖1周16kmをジョギングしました!
007623.jpg 
岡谷・やまびこ公園から眺める諏訪地方▲

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-