FC2ブログ

糸魚川の断層と塩の道(18)

 かつては、北前船が日本海沿岸沿いを行き来して、物資を輸送していました。

瀬戸内産の塩は、下関海峡から能登半島を回って越後まで送られ
さらに陸路で信濃にも運ばれました。


糸魚川から松本への道は松本街道あるいは千国街道と呼ばれました。
先日、糸魚川に行き、塩の道の出発点に立ちました▼
020149.jpg 
糸魚川開発の基点ともいえる「天津・奴奈川神社」に寄りました▼
前回取り上げた、奴奈川姫も祀られています。
0521040.jpg
神話の時代、大国主神がやってきて奴奈川姫と結婚し、能登で暮らしました。
その後、姫は越後に戻りました。
大国主神は出雲に帰り、大和朝廷に国譲りをします。

0551040.jpg 
息子の建御名方命は大和朝廷と戦い、破れて信州・諏訪へ逃亡‥
後に、諏訪の祭神になりました。

塩の道沿いを南下して、日本海を振り返りつつ丘陵地を登ります。
0681040.jpg 
途中にある長者ヶ原遺跡に寄りました▲
縄文時代中期~後期の史跡で、竪穴式住居が復元されています。
0671040.jpg 0691040.jpg 
最古のヒスイ加工遺跡で、ヒスイの原石が出土しています。
塩の道は、それ以前からヒスイが運ばれる「翡翠の道」でもあったのです。
遺跡の東側に建つ「フォッサマグナ・ミュージアム」にも寄りました▼
0641050.jpg
フォッサマグナは日本列島中央部にあった「大きな溝」です。

数百万年前までは海の底にあり、その溝に新しい地層が堆積しました。
その後、沈んだプレートが上昇して、現在の日本列島になりました。
0661040.jpg 0651050.jpg 
フォッサマグナの西の淵は、糸魚川-静岡構造線と呼ばれます。

塩の道は構造線のうえを、松本から静岡へとつながっています。
帰り道、国道148号線沿いのフォッサマグナ・パークに行ってみました▼
0841051.jpg 
構造線の断層露頭があるとのことです!

日本列島を東と西に分ける境目になります。
「西側は四億年前の岩石」と書いてあります▼
 07812.jpg 0772.jpg
そして、東側は1,600万年前の岩石だそうです。
案内板によると、「ユーラシア・プレートと北アメリカ・プレートの境目」でも
あり、地球規模ではヨーロッパとアメリカの境目でもある」!!
0821051.jpg 
フォッサマグナパーク近くを流れる根知川から眺める、越後の山▲
「塩の道」と名付けられた米がありました▼
塩の道沿いを歩けば、あちこちに断層の地形を見ることができます▼
0701021.jpg 0921051.jpg 
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-