藤棚のある風景in信州

古くから、日本人に愛されている「藤」が
花ざかり!

平安時代の「藤原氏」など、苗字や藤のつく地名も多いですね。

花を房状に咲かせますが、園芸用として、よく藤棚にします。

DSC07411.jpg 

これは↑松本の田園地帯の、藤棚です。

田んぼに水がはられて、これから田植えの作業が始まります。

そんなとき、藤棚の下で一休みして、北アルプスの雪形を見るのが松本平の風景です。

DSC07425.jpg 

松本市内を歩いても、あちこち藤棚を見かけます。

重要文化財の「旧開智学校」でも、藤が長々と垂れていました。↑

この旧開智学校は、明治9年に竣工した、全国で最も古い小学校の1つです。

擬洋風建築で、現在は教育関連資料が保管されています。

DSC07075.jpg 

こちらは↑安曇野市堀金地区で、北アルプス・常念岳をバックにした藤棚です。

日を追うごとに、日差しが強くなってまいりました。

藤棚の下で、新緑の気をいっぱい浴びたいですが、

たまに、虫が落ちてきますので要注意!

          あずさ堂小林     
  のホームページはこちら ← ←

スポンサーサイト

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-