安曇野イメージと「あずさ」

信州安曇野のイメージランキングのベスト3は‥1,2,3,

「アルプスを背景にした田園風景」「わさび田」「碌山美術館」という感じですか?


もともとは”あづみだいら”と呼ばれていた この地が、安曇野の呼称になったのは

小説「安曇野」(臼井吉見 著)からのようです。

読書好きの方ならご存知の通り、小説の長さで有名です。


ストーリーは、安曇野出身で新宿中村屋を創業した相馬夫妻を中心に

彫刻家の萩原碌山の死など、明治から昭和までの日本を描いています。

DSC07039.jpg 

碌山美術館の中にある「碌山館」は、教会風建築です。

今でもテレビやコマーシャルで登場する、ロダンの「考える人」の影響で

萩原碌山は彫刻家になろうと決意しました。

img037.jpg 

2009年現在の碌山美術館は上の図のようになっています。

平成に入ってからも展示館が増え、平成20年に杜江館ができました。

碌山館の横面と裏はこのようになっています。

DSC07002.jpg DSC07018.jpg

このように、「安曇野」というと萩原碌山が登場する小説”安曇野”が思い浮かび、

さらには、碌山の作品を公開・保存しているこの美術館に、イメージがつながる感じです。

銘菓「あずさ」は、そんな安曇野をモチーフに作られているカステラ菓子です。

「あずさ」の袋入れビニールには、碌山館がデザインされています。

DSC07386.jpg 

         あずさ堂小林    
 のホームページはこちら← 

スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
ブログランキング
ランキングはコチラ
  ↓   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
信州のお菓子
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-